2020 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 05

日本で買収は不必要、独自路線で成長目指すHSBC

kage

2007/09/21 (Fri)

以前から当ブログでも何度かご紹介してきたHSBCの日本におけるリテール業務開始に関して、来日したスティーブン・グリーン会長が昨日行われた記者会見の席上で買収に頼らず独自成長路線を貫くことを明言したそうです。

日本で買収は不必要、独自路線で成長目指す=HSBC

東京 20日 ロイター:英金融大手HSBCのスティーブン・グリーン会長は20日、都内で会見し、日本での成長戦略には買収は必要なく「基本的には内部成長を(拡大路線の)中心に考えている」との考えを明らかにした。2008年1月から始める個人向けのウェルスマネジメント業務では、独自色の強い質の高いサービスで顧客を獲得し、中長期的な成長が可能と自信を示した。これまで投資銀行業務や資産運用(アセットマネジメント)業務を日本国内で手がけてきたHSBCにとって、ウェルスマネジメント業務の開始は、日本における本格的な個人向け(リテール)金融業務への参入となる。グリーン会長は、同サービスを開始することで「日本に新しいマーケットを創設する」と自信を示したほか、成長に「リソース(経営資源)の投入はもちろん必要だが、買収は必要ないと考えている」と語り、独自路線を歩む方針を強調した。メガバンクなど国内の金融機関との提携も現時点では考えず、中長期的には25-35の支店を設立していく、としている。富裕層をめぐっては銀行や証券会社による競争が激しさを増しているとされる。米シティグループは日興コーディアルグループを傘下に収め、新たに日本戦略の強化に乗り出している。こうした動きについてHSBCのグリーン会長は、日本国内に「直接の競合相手はいない」とコメントした。HSBCは金融資産1000万円以上、1億円以下の個人を「マス富裕層」と位置づけ、ウェルスマネジメント業務をスタートする。HSBCは首都圏に同サービスの対象となり得る個人が630万人いるとみている。2008年1月から東京、大阪などに店舗(HSBCプレミアセンター)を開設していく方針。


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング
HSBCは9月3日に米国系ファンドのローンスターが保有する韓国外換銀行の株式51.02%を63億ドルで取得することで合意したことを発表しましたが、日本国内においても以前同じローンスター傘下の東京スター銀行に触手を伸ばしているという噂が流れたことがありました。大都市圏を中心としたサービス開始を前提に考えれば首都圏に店舗が多い東京スター銀行の買収は十分あり得ることではないかと個人的には感じていましたが、今回の会長のコメントでその可能性は明確に否定された形となります。現実問題として買収する側にも業務の継承に関してそれなりの責任が生じると考えられます。つまり「明日からは預かり資産1,000万円以下のお客様はお断り」という訳にはいかないでしょうから、そもそもこの話には無理があったということなのでしょう。

HSBC JapanのサイトにオープンしたHSBC Premier(HSBCプレミア)のページを見るとその特徴として「世界中に250の店舗網をもつHSBCプレミアセンターと、6,000以上のHSBCの支店では、スタッフがお客様をHSBCプレミアメンバーとしてお迎えし、ご要望をお伺いすることにより、ご旅行中のお客様に安心と信頼をお届けします」と書かれています。この説明を額面通りに受け取ればHSBC香港でPremier口座を開設していれば日本でも同等のサービスを受けることができるように理解できます。しかしおそらくPowerVantage口座開設者にとってのメリットはほとんどないと思われますのであまり期待をせずにサービスの詳細が明らかになるのを待ちたいと思います。



関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック