2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

英HSBC、日本でマス富裕層向け個人金融を08年から開始

kage

2007/09/06 (Thu)

本日、以前ご紹介したHSBCが日本で個人金融業務の続報が届きましたので取り急ぎ転載させていただきます。

英HSBC、日本でマス富裕層向け個人金融を08年から開始

東京 6日 ロイター:英金融大手のHSBCは6日、2008年1月をめどに個人向けのウェルスマネジメント・サービスを開始すると発表した。1000万円超の金融資産のある個人に業務を拡大することで、日本におけるサービスの品揃えを拡充する。HSBCは金融資産1000万円以上、1億円以下の個人を「マス富裕層」と位置づけている。首都圏には対象となる個人が630万人いると想定しており、金融庁からの認可を取得次第、2008年1月から東京、大阪などに店舗(HSBCプレミアセンター)を開設、サービスを開始する。


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング
最近では日本の大手証券会社のラップ口座(投資一任サービス)も1,000万円から始めることができますが(野村證券が盛んにテレビで宣伝していますね)、HSBCも多額の退職金を手にする団塊の世代や格差の拡大で着実に増えている富裕層の獲得を狙いに来たようです。HSBCが今回日本で始めるサービスは香港でいえばPremierに該当するものと思われます。Premier口座の特長といえば世界中のHSBCで同様のサービスが受けられる点ですが、香港のPremier口座ホルダーが日本でどのようなサービスを受けられるのかが気になるところですね。




関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック