2020 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 05

米FRB、公定歩合0.5%引き下げ・5.75%へ

kage

2007/08/17 (Fri)

本日の日本株大暴落で私の持ち株も大打撃を受け、憂鬱な週末を迎えて明日の定時報告も愚痴と後悔のオンパレードとなるだろうなぁとため息をついていた今晩、バーナンキFRB議長が全世界の投資家に公定歩合の緊急引き下げという救いの手を差し伸べてくれました。この発表を受けて欧州市場は株、為替ともに大幅に反発しています。普通なら日米金利差の縮小で為替は円高に振れるはずなのですが、これが円安に進行していることから今回の円高がすでに行き過ぎの領域に達していたものと思われます。

米FRB、公定歩合0.5%引き下げ・5.75%へ

米連邦準備理事会(FRB)は中央銀行が金融機関に資金を貸しつける際の基準金利である公定歩合を0.5%引き下げ、5.75%とすることを発表した。期間は定めず、FRBが市場の流動性が改善したと判断するまでの措置だという。(日本経済新聞より)



<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング
願わくば後は来週の日銀金融政策決定会合で福井総裁が同様の決断をして欲しいものです。つまりFRBと同様に日銀からも「期間は定めず、日銀が市場の流動性が改善したと判断するまで利上げは行わない」との発言があれば今回の波乱も一段落となるのではないでしょうか?なぜなら今回の波乱の要因は米国のサブプライムローン問題でしたが、波乱を増幅させたのは日本が要因の円キャリートレードの巻き戻しだったからです。私たち個人投資家のためだけでなく全世界の経済安定のためにも福井さん、ぜひご勇断をお願いいたします。





関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック