2020 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 05

E*TRADE FXがスワップポイントを大幅変更

kage

2007/08/16 (Thu)

今週も相変わらず厳しい投資環境が続いていますが、ここ数日は株も為替もパニック売りの様相を呈しており、私自身の希望的観測も込めた感覚ではそろそろ波乱の最終局面が近いのではないかと予想しています。そんな状況の中、タイミング良くと言うべきかタイミング悪くと言うべきかイー・トレード証券から外国為替保証金取引 E*TRADE FXのスワップポイント大幅変更の案内が出されました。(スワップポイントとはFXで高金利通貨を取引した際に得られる金利差による利益のことで、例えば低金利通貨の円を売り高金利通貨の米ドルを買う(米ドル-円の買建)ことで金利収入を得ることができます)

8/27(月) 7:30に終了するロールオーバー処理よりスワップポイントレート変更を適用いたします。8/15(水)適用分のスワップポイントを、8/27(月)適用分からのスワップポイントレートに当てはめた場合、以下のスワップポイントとなります。(1取引単位あたり)

・8/15(水)適用分(通貨ペア/売(円)/買(円))
米ドル-円/-180/80
ユーロ-円/-165/73
豪ドル-円/-169/71
NZドル-円/-196/84
南アランド-円/-480/170

・新スワップポイント参考値(通貨ペア/売(円)/買(円))
米ドル-円/-164/160
ユーロ-円/-150/145
豪ドル-円/-154/142
NZドル-円/-178/168
南アランド-円/-440/340



<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング
外国為替保証金取引(FX)に詳しい方ならお分かりのとおり、今回の改訂はこれまで異常に低かった買い方金利がやっと正常なレベルになるということですから、これだけをもってE*TRADE FXを選ぶ積極的な理由にはならないと思います。ただイー・トレード証券で海外ETFの購入をお考えの方にはFXの米ドル建玉を現引きして海外株式口座に米ドルのまま入金できる仕組みにはそれなりのメリットがあると思います。私自身は当ブログで過去に何度か書いてきたように為替との相性が最悪であるためこれまでFXには手を出していませんでしたが上記のような使い方ができると知ってとりあえず口座だけは開設してあります。またこちらのエントリーでご紹介したとおりマネックス・ユニバーシティの内藤さんは「日本には魅力的な債券ファンドがない」という理由からアセットアロケーションの海外債券の部分をレバレッジをかけないFXで代用されているとのこと。その意味でもまともな金利が得られるようになったE*TRADE FXを海外債券代わりのポジション構築ツールとして使うことも考えられると思います。為替とは相性最悪の私ですが、現在の為替レートには債券代わりの長期保有目的としても魅力を感じます。このところの厳しい投資環境で余剰資金はほとんどありませんがチャンスがあればFXにもチャレンジしてみたいと思います。

・総合課税所得の多い方は税制優遇措置のあるくりっく365がおすすめです。

 「為替-オンライントレード-INV@ST」  



関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

kage

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

イートレード証券での海外ETFの買い方
イートレード証券でも、ついにアメリカに上場の海外ETFの取扱いが6月19日スタートしました。相互リンクさせてもらってる[おやじダンサーのひとりごと]のE*TRADE FXがスワップポイントを大幅変更という記事を読んで知った

2007.08.20 (Mon) | 株をはじめる前に読むブログ

スワップポイント
スワップポイントスワップポイント(金利差相当分の受け払い)が生じますよね。 くりっく365では、売りや買いの区別なく1つのスワップポイントを東京金融先物取引所が決定します。 一方、非取引所取引(店頭取引)のスワップポイ

2007.08.25 (Sat) | FXでたった2年5ヶ月で1億3587万円