2020 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 05

海外株式投信評価額(2007.07.20現在)

kage

2007/07/21 (Sat)

イー・トレード証券のサイトが臨時システムメンテナンスのため、昨日時点でのポートフォリオが確認できず更新が大幅に遅れ、大変失礼いたしました。

さてポートフォリオといえば実際に投資を行うにあたり、具体的にどのような商品を選び、国内・海外・株・債券・不動産などからどのような資産配分にすればよいか、誰もが悩むところですよね。そんな悩みの解決に役立ちそうなもし50万円あったら・・・ポートフォリオ 投資信託編という企画がマネックス証券のサイトにアップされました。その内容は「もし、50万円あったら、マネックスで取り扱っている投資信託の中からどれを選びますか?」という質問を、お金の達人5人が答えるという形式になっています。ちなみにお金の達人5人とは以下の方々です(敬称略)。

マネックス証券 代表取締役社長 CEO : 松本 大
マネックス・ユニバーシティ 代表取締役社長 : 内藤 忍
ファイナンシャルリサーチ代表 : 深野 康彦
マネックス・ユニバーシティ 取締役副社長 : 廣澤 知子
アルファ アンド アソシエイツ代表 : 中村 芳子

*深野氏と中村氏は現役のファイナンシャルプランナーです。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング
この企画を読む上でまず気を付けておかなければならないのは、選択肢はマネックスで取り扱っている投資信託に限られる点と、初心者向けとか団塊の世代向けではなくあくまでも自分が選ぶとしたらという想定である点です。その上で改めて皆さんのポートフォリオを拝見してみると十人十色ならぬ五人五色ともいうべき個性あふれる選択になっているところが興味深いところです。このお金の達人5人が選んだポートフォリオに僭越ながらお金の凡人である私が独断と偏見で感想を申し述べさせていただきたいと思います。

松本社長のポートフォリオはマネックス資産設計ファンド育成型を核に据えていますが新興国枠10%以外は思い切ってマネックス資産設計ファンド育成型でまとめてよいのではないかと感じました。他のインデックスファンドを組み入れたのは最近軟調な不動産投資信託の割合を減らしたいという意図があるのかも知れませんが、私なら逆張りで行くと思います。

内藤さんのポートフォリオはかねてより自身で述べられているアセットアロケーションを有言実行した形になっています。ただ7月25日に「内藤忍と中野晴啓が語る!!マネックス資産設計ファンドVSセゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」というセミナーを開催するのに、マネックス資産設計ファンドを組み入れないのは経営判断としてどうなのかなと余計な心配をしてしまいました。

深野さんのポートフォリオは出遅れ日本株と世界の割安株に投資するAvest-Eを核に据えている点が目を引きます。海外の株価は先行して上昇しているのでバリュー投資のアクティブファンドを選ぶことは理解できるのですが、最近のAvest-Eはインデックスファンドとの差が薄れているようでホルダーの一人としても心配しています。株式投資に対するリスクヘッジに世界物価連動国債ファンドを充てている点は参考になると思います。

廣澤さんのポートフォリオは外貨建MMFを1/4近く組み込んでいる点に注目です。投信は長期債でMMFは短期債という違いがありますし、税制上の扱いも大きく異なりますからそれぞれの特徴を理解して上手く分散させるのはよい発想だと思います。あと新興国投資については2万円とか3万円で刻むくらいならまとめてBRICsファンドにした方がよいのではないかと感じました。

中村さんのポートフォリオはグラフがきれいに五等分されている点が目を引きます。一見深く考えていないようで実はアセットアロケーションもよく考えられています。それより何より「10万円以下の投資だと儲けも損も実感しにくいので10万円単位での投資を提案しました」というコメントに妙に納得しました。資産運用は効率や理論だけでなく殖やす楽しみを実感できることも重要ですからね。

以上、いろいろと勝手なことを書いてきましたがお金の達人の皆さんの解説を読んでみると自分自身の資産運用についても考えさせられる点が多いと実感しました。皆さんもぜひ参考になさってください。

今週は相変わらずお化けのように出ては消えるサブプライムローン問題で乱高下する米国市場に翻弄されて私のポートフォリオもほぼ横ばいでした。

マネックス証券
MX070720

イー・トレード証券
ET070720

今週はサブプライムローン問題による景気減速懸念と原油高によるインフレ懸念が綱引きを演じる米国市場と週末に追加利上げが発表された中国市場の動向に注意したいと思います。





関連記事

この記事へのコメント

kage

相互リンク依頼

突然のコメント失礼いたします。
今回は、貴サイトを拝見させていただき、
相互リンクをお願いしたく、ご連絡させて頂きました。

誠に勝手ではございますが、
リンク集に貴ブログのリンクを貼らせていただきました。
 
http://broker.i-navi.biz/yomi/ ※ブログカテゴリに登録させていただきました。

もしよろしければ、相互リンクをお願いしたいと思います。
ご検討頂きますよう、何卒よろしくお願い致します。

【サイトデータ】
サイト名: ネット証券会社比較 
URL:   http://broker.i-navi.biz/

【リンクキット】
 <a href="http://broker.i-navi.biz/">ネット証券会社比較</a>

Posted at 01:38:55 2007/07/23 by ネット証券会社比較

この記事へのコメント

kage

相互リンク依頼

こんにちは。
「年利20%の資産運用-スワップ金利で皮算用-」
というサイトの管理人「のりたか」と申します。

貴サイトと相互リンクをしていただきたくお願いにあがりました。

貴サイトは以下に貼りましたので、ご確認ください。
http://f13.assetsplan.net/fx13/link1-3.html

当サイト情報です。リンクしていただけるさいには、ご利用下さい。

■サイト名  年利20%の資産運用-スワップ金利で皮算用-
  ※長い場合、「 年利20%の資産運用 」だけでもOKです。
■URL  http://f13.assetsplan.net/fx13/
■紹介文  年利20%になるように資産運用しています。

お手数ですがリンクしていただけましたら、返信にて、
リンク先を明記の上ご一報ください。

ご検討よろしくお願いいたします。

連絡先
nori☆assetsplan.net
☆を@に変えてご連絡ください。ご面倒ですが迷惑メール対策です。

Posted at 17:24:51 2007/07/23 by のりたか

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

kage

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

投資信託 評価
100万円を増やす方法!100万円を増やす方法! 自由に使える金として100万円があります。多少のリスクはあっても構わないのですが、大きく増やすにはどんな方法がありますか?ただリスクといってもゼロになっては困ります。まぁ1割2割減でも仕方ないかと思います

2007.07.30 (Mon) | 証券と投資信託