2017 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 03

金利が上がるとなぜ債券価格は下がるのか

kage

2007/06/13 (Wed)

今週は世界的なインフレ懸念を背景に日米欧ともに長期金利が急上昇し、株価下落の要因となりました。「風が吹けば桶屋が儲かる」ではありませんが、このように長期金利の上昇は世界経済にさまざまな影響を及ぼしています。ちなみにインフレ懸念が長期金利を押し上げる仕組みはインフレ懸念が金融引き締め(利上げ)圧力上昇に直結するからで、この発想は分かりやすいですね。それでは長期金利の上昇が株価を押し下げる仕組みはどうなっているのでしょう?現在、米国の長期金利は5%を超える水準にまで高騰していますが、もし今われわれの周りにも年利5%の個人向け国債や定期預金があったらどうなるかを考えれば分かりやすいです。つまり債券や預貯金などのローリスク商品で年利5%が確保できるのであれば、あえてハイリスクの株式で運用しなくても良いという投資家が増えることは自然の流れです。これにより株式市場の魅力が相対的に低下することで投資資金が債券や預貯金に流れるため株価が下がるわけです。一方、表題に書いた「金利が上がるとなぜ債券価格は下がるのか」については債券の仕組みを理解していないとちょっと理解しにくい部分があります。

実は私自身も資産運用の世界に足を踏み入れた当初はなぜ金利が上がると債券価格が下がるのか、その仕組みがよく理解できませんでした。正直その頃は金利が上がれば債券の魅力が増して価格も上昇するのが自然ではないかと単純に考えていました。このような誤解が生じた要因は債券の利回りに銀行預金のような変動金利の仕組みを当てはめて考えていたからだと思います。

基本的に債券は固定金利で発行されます。個人向け国債のような変動金利の債券は圧倒的に少数派です。一般的な債券は「額面100円、年利2%、償還までの期間5年」というような条件で発行されます。そして一度発行された債券の額面価格や利率が途中で変わることはありません。それなのになぜ債券の金利や価格が変動するかというと、発行後の債券も自由に市場で取引されているため、そこに需要と供給のバランスの変動が生じるからです。

例えば少し前の米国のように、中央銀行がコンスタントに利上げを継続している局面を考えてみましょう。このようにもう少し待てばより有利な条件(=より金利の高い)債券が発行される可能性が高い場合、その時点で市場に出ている債券の魅力は低下します。商品の魅力が低下すれば価格を下げなければ売れなくなるのが経済の原理・原則ですから、額面100円の債券も99円や98円で売却されることになります。額面100円で年利2%の債券を額面どおりの100円で買えば当然直接利回りも2%となります。それではこの債券を98円で買ったらどうなるでしょう?98円で買っても額面100円で年利2%という条件は変わりませんので直接利回りは2(%)÷98(円)×100=2.04%となります。これが債券価格が下落すると利回りは上昇するカラクリです。つまり今回の状況もこの例と同じで、金融引き締め(利上げ)圧力上昇の思惑により債券を売りたい人が増えたため取引価格が下落して相対的に利回りが上昇したということですね。

反対に景気減速局面で中央銀行が利下げに転じれば債券の魅力は上昇します。これは将来発行される債券が現在の条件より悪くなる(=金利が下がる)可能性が高まるからです。そうなると債券を買いたい人が増えて、額面100円の債券が101円や102円で取引されることになります。すなわち債券価格は上昇し、相対的に利回りが低下するわけです。景気が悪くなると債券での運用が有利になるといわれるのはこのためです。

素人目にも現在の長期金利の上昇は多少行き過ぎのようにも思えますので、もしかすると現在は債券購入のチャンスなのかも知れませんね。



関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

kage

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

個人向け国債
個人向け国債国債(こくさい)は国が発行する債券で。国の運営に必要な資金を集めるために発行される。国債は発行時に償還期限と利率が定められており、購入者はこれに応じた利息を受け取ることができる。償還期限を迎えると、元金である国債の発行時の金

2007.06.14 (Thu) | もえこのブログ