2020 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 05

海外株式投信評価額(2007.05.18現在)

kage

2007/05/19 (Sat)

こちらのエントリーに書いたとおり、ここが今年の勝負どころとばかりに中国投資を追加し始めた私に、まるで「浮かれるべからず」との警鐘を鳴らすように中国人民銀行から追加利上げが発表されました。ただ下記のロイターの記事からもお分かりのとおり、今回は同時に発表された人民元の対ドル変動幅拡大の方が注目されているようですので、今回の利上げが週明けの中国市場に「織り込み済み」と捉えられることを強く期待しています。

中国、人民元の対ドル変動幅を21日から0.5%に拡大

北京 18日 ロイター:中国人民銀行は18日、人民元の対ドルでの1日当たり変動幅を、0.3%から0.5%に拡大すると発表した。5月21日から実施する。ドル以外の通貨に対する変動幅は3%に据え置く。中国人民銀行は、政策金利および預金準備率を引き上げると発表した。1年物貸出基準金利は0.18%ポイント引き上げられ6.39%から6.57%に、1年物預金基準金利は0.27%ポイント引き上げられ2.79%から3.06%となる。商業銀行の預金準備率は0.5%ポイント引き上げられ、大手銀行の預金準備率は11.5%となる。6月5日から実施される。中国人民銀行による利上げは2006年4月27日以来4度目。預金準備率の引き上げは2006年6月以来8度目となる。


人気blogランキングに参加しています 人気blogランキングへ

今回注目を集めている人民元の対ドル変動幅拡大については、中国当局の為替介入がなくなるわけではないために額面通りの効果は期待できそうになく、人民元改革進行のアピールが主要目的と思われます。しかし今回の措置で米ドルに対する人民元の値上がりは加速する方向で圧力がかかると想像されますので改革が一歩進展したと前向きに評価してよいのではないでしょうか?そしてこの先、人民元の上昇で割安感が薄れるに従って中国は世界の工場としてのメリットを失っていきます。反対にメリットが生まれてくるのが国内消費です。今はジャブジャブにあふれる資金が不動産や株などに集中して資産バブルの様相を呈しているため、当局も利上げなどの金融引き締め策を相次いで繰り出して火消しに努めています。しかし将来、国内市場が成熟してジャブジャブの資金があらゆる分野で上手く回り始めると中国の国内消費が急拡大する可能性を秘めています。このシナリオが理想的に実現すれば、中国発の世界同時好景気も夢ではありません。しかしそこは経済が未成熟な新興国である中国のこと。投資する側にはいついかなる緊急事態が起きても対応できるような心構えが必要になります。私自身中国の将来には大いに期待して投資を行っていますが、前回の世界同時株安のような事態になればまたサッサと逃げるかも知れません。

さてこのような事情から私のポートフォリオに新たに三井住友ニューチャイナファンドが追加されました。その結果、以前のような「欧米系」「新興国系」という分類ができなくなりましたので、今週からそのものズバリの証券会社別で表記することにします。

マネックス証券
MX070518

イー・トレード証券
ET070518

今週も相変わらず「日本以外全部株高」状態が続いていましたので私のポートフォリオも順調に成長しています。中国ばかりに注目していたらインドも急上昇していますね。これは過去に何度も書いていますが、現在のように日本株が不調な時には特に海外分散投資のありがたみを実感できます。私自身これ以上日本株の不調が続くなら思い切って海外シフトを進めようと考えるようになりましたので、日本株も反転が近いのかも知れませんね。

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック