2020 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 05

イートレード証券がノーロードファンド13本を追加

kage

2007/05/18 (Fri)

イー・トレード証券が購入時の手数料が無料のノーロードファンドを13本追加し、合計で59本となりました。手抜きで申し訳ありませんがサイトの説明をそのままご紹介いたします。それではまず3本から。

・大和-トピックス・インデックスファンド
東証株価指数(TOPIX)に連動した投資成果を目指します。TOPIXインデックスファンド受益証券を主要投資対象とし、信託財産の成長を図ることを目的として運用を行います。

・大和-アクティブ・ニッポン(武蔵)
わが国の上場株式および店頭登録株式を主要投資対象とし景気循環等の相場環境に応じてポートフォリオの性格を大胆に変更しアクティブ運用を行い信託財産の成長を目指します。

・大和-デジタル情報通信革命(0101)
わが国の上場株式および店頭登録株式の中から、次世代の情報・デジタル通信・マルチメディア等に関連する銘柄等に投資します。

人気blogランキングに参加しています 人気blogランキングへ

続いて残りの10本をご紹介します。

・ニッセイ-日本株リサーチオープン(より獲り実獲り)
主にマザー信託「ニッセイ日本株リサーチマザーファンド」の受益証券に投資を行ないます。実質的な成長をもたらすビジネスモデル戦略と経営力を有し、国内株式へ中心に投資を行い中長期的な成長を目指します。

・ニッセイ-日本株オープン
国内の上場株式と店頭登録銘柄を投資対象とし、企業調査・分析を行うアナリストチームと運用戦略を決定するポートフォリオ・マネージャーとが協力して積極的な日本株投資を行います。

・DIAM-ハイブリッド・セレクション
グロース株及びバリュー株に投資することにより、様々な相場局面で、利回り収入にも配慮しつつ、キャピタルゲインの獲得を目指します。

・ソシエテ-SGターゲット・ジャパン・ファンド
今後活発化が予想されるM&Aの観念から組入銘柄を選定し投資します。投資信託として組入対象会社に対し可能な限り行動的投資家であることを目指します。

・ラッセル-日本株式マルチ・マネージャー・ファンド(匠の輪)
国内の証券取引所に上場されている株式を主要投資対象とします。国内株式市場のパフォーマンスを表す代表的指標であるTOPIX(配当込み)をベンチマークとします。

・SSGA-外国株式インデックス・オープン
中長期的な観点から日本を除く世界の主要国の株式市場(MSCIコクサイ指数)の動きに連動した投資成果の獲得を目指して運用を行います。

・ラッセル-外国株式マルチ・マネージャー・ファンド(ワールド・エキスパート)
日本を除く世界先進各国の市場で取引されている株式を実質的な投資対象とします。外国株式市場のパフォーマンスを表す代表的指標であるMSCI KOKUSAI(配当込み)をベンチマークとします。

・国際-グローバル・ソブリン・オープン1年決算型
世界主要先進国のソブリン債券に分散投資し、リスク分散をはかったうえで、長期的に安定した収益の確保と信託財産の成長を目指します。シティグループ世界国債インデックスをベンチマークとして運用を行います。

・国際-エマージング・ソブリン・オープン(毎月決算型)
エマージング・ソブリン・オープン マザーファンド受益証券を通じて運用を行い、エマージング・カントリーのソブリン債券および準ソブリン債券を主要投資対象とします。

・富士-スリーウェイオープン
わが国の株式、債券、短期金融資産の組入比率の変更を機動的に行い、適切なアセットアロケーションをとることにより資産の安定的な成長を狙います。

個人的に注目しているのはSSGA(ステート・ストリート)外国株式インデックス・オープンです。マネックス証券でいえばトヨタアセットバンガード海外株式ファンドに相当する、海外投資のコアにできるファンドです。相変わらず口数買い付けに対応しているファンドが少ないなどの不満もありますが、イー・トレード証券のファンドも着実に充実していますね。

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック