2020 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 05

セゾン投信で積み立てを始めます

kage

2007/04/26 (Thu)

すでに多くの投資系ブログで話題になっているセゾン投信ですが、実は私も申し込み受付開始早々に口座開設の手続きをしておりました。しかし当初から買い付けは毎月の積み立てのみのつもりでしたので、ようやく来月からスタートとなります。セゾン投信で扱っているファンドは、日本を含む世界中の債券と株式に分散投資する「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」と日本株に集中投資を行う「セゾン資産形成の達人ファンド」の2種類ですが、今回私が積み立てを開始するのは前者のみです。これは私自身がすでに国内の個別株を保有していることと、これからは徐々に海外債券の保有比率も増やしていきたいと考えた結果です。

そもそも私がなぜセゾン投信に興味を持ったかというと、内外から高い評価を受けているバンガード社の投信を組み入れたファンドをローコストで販売すると聞いたためです。しかし発表された「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」の内容を見ると、私自身にとっては不必要な国内への投資が含まれており、正直当初は申し込みをためらっていました。しかし最終的に積み立てに踏み切った理由は真に顧客重視の商品をお客様にお届けしたいというセゾン投信の設立趣旨に共感したからに他なりません。わが国の投資信託の現状を見ると残念ながら「売れている商品=顧客が買いたい商品」ではなく「売れている商品=販売会社が売りたい商品」となっているように思えます。その原因のひとつには多くの方が指摘されているように日本人特有の問題である金融知識や投資教育の欠如があるのでしょう。すなわち内容をよく理解しないまま担当者に勧められるままに投信を購入している人がいかに多いかということです。投信会社が直販を行うことにより単純に販売会社に支払うコストが削減できますし、販売会社が売りたい商品を無理に勧められることもなくなります(ただし当然ながら顧客側には良い商品を見極める力が求められます)。一方で販売会社を通さないデメリットも存在します。具体的には投信会社には前受金制度がないためスポットで購入したい時にはその都度銀行振込が必要になる点や特定口座の適用がないため売却時の買取請求ができない点などです。それでも総合的に判断して投信会社の直販という選択肢が増えることは多くの個人投資家にとって必要であるとの結論に至り、その動きを応援する意味で積み立ての申し込みをしました。

私のようにすでにハイリスクの資産運用をしている方は別にして、これから投資の第一歩を踏み出そうとしている方にとって「セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」は間違いなく有力な選択肢のひとつになり得ると思います。セゾン投信は毎月5千円から積み立てが可能なため、お子様のために児童手当をそのまま積み立てに回すという方もおられるようですが、これは大変すばらしいことだと思います。将来的にはこれを一歩進めて、お年玉やお小遣いの一部も積み立てに回せば将来の備えとしても安心ですし絶好の投資教育の実践にもなるのではないでしょうか。自分自身のお小遣いが世界中にどのように流れ、役立っているのかを知れば、その仕組みに興味が沸き、金融知識の向上につながるのでは思います。

ちなみに私は今回の積み立てを個人年金代わりと位置付けています。まともに仕事をしない社会保険庁や顧客そっちのけで利益追求に走る保険会社の現状を見るに付け、老後の資金は自己責任で運用した方が例え失敗したとしても納得できると考えるからです。保険会社の個人年金だと支払時には保険料控除が受けられ、受け取り時には総支払額と受取額に応じた必要経費が認められるなどの税制上のメリットがありますが、それでも投信でいうところの信託報酬を明らかにしない保険会社に運用を任せる気はサラサラありません。ちなみに個人年金は雑所得扱いですので翌年の住民税や健康保険料に影響を及ぼします。また公的年金、企業年金、給与所得などと合算されて超過累進税率で課税されますので、定年後も働いていて収入が多ければ結果的に投信より税率が高くなる可能性も十分にあります。このような観点から個人年金を投資信託に置き換える考え方も立派に成立するのではないかと思うのですがいかがでしょうか?

注意・以上の記事は現行の制度や法制を参考に書いております。将来の制度変更や法律改正により結果が異なることがありますのであらかじめご了承ください。



関連記事

この記事へのコメント

kage

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://blog.livedoor.jp/prfieeel/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://blog.livedoor.jp/prfieeel/?mode=edit&

Posted at 12:20:48 2007/11/15 by みんな の プロフィール

この記事へのコメント

kage

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://blog.livedoor.jp/prfieeel/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://blog.livedoor.jp/prfieeel/?mode=edit&

Posted at 13:54:16 2007/11/20 by みんな の プロフィール

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック