2020 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 04

自民党圧勝

kage

2005/09/12 (Mon)

総選挙の結果は誰もが驚くほどの自民党圧勝でした。外資に対して大胆な開放政策を執る小泉・竹中路線の継続で、株式市場は大幅高となりました。株式運用をしている立場としては嬉しい限りですが、本当に心から喜んでいいのでしょうか? 各党の議席数だけをみると、社会党が野党第一党だった55年体制に逆戻りしたようです。ただ当時と違うのは公明党が与党になっていることです。これにより与党は全議席の2/3以上を占め、事実上政府は思ったことを何でもできる状況を手に入れました。例えば前回のように、参議院で郵政民営化法案が否決されても、衆議院が2/3以上の賛成で可決すれば法案は成立します。これでは参議院の存在意義はどこにあるのか分かりません。また議員の2/3以上の賛成があれば憲法改正の発議までできてしまいます。ただし実際に国民投票に進むには参議院の2/3以上の賛成も必要ですので、ここにかろうじて参議院の存在意義を見いだすことができそうです。

今回の選挙の結果は、大きな追い風が吹けば次回は全く逆の結果(民主党政権誕生)が起こり得るということを示しています。事実、1989年の参院選では反消費税という追い風にのった土井社会党がマドンナブームを巻き起こし、自民党は歴史的大敗を喫したことがありますし。われわれは図らずも与党に何でもできる力を与えてしまいましたが、実際にすることをよく見極め、次回の選挙では冷静に評価を下さなければなりませんね。

以下は私の素人ミーハー予測ですが、小泉総裁は劇場型政治の継続を目指して、おそらく(いわゆる中二階を飛び越して)安倍晋三氏を後継に指名するのではないでしょうか?安倍氏は国民の人気は非常に高いですから、民主党は次回の選挙も非常に厳しくなりそうです。少なくとも後継党首にまたぞろ 菅氏、小沢氏などの名前が出るようでは政権奪取の展望は開けないと思います。

いずれにせよ今回の総選挙は国民の政治に対する関心を呼び起こした点は大変よいことでした。与党にこれだけ強大な権限を与えてしまった私たちは、もはや政治に無関心ではいられないと覚悟しなければなりませんね。

人気blogランキングに参加しています
人気blogランキングへ
関連記事

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 08:31:44 2012/12/06 by

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック