2020 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 04

HSBC投信等評価額(2007.03.30現在)

kage

2007/03/31 (Sat)

半月前に中国人民銀行が追加利上げに踏み切ったことは記憶に新しいところですが、今度はインド中銀が短期金利と預金準備率の引き上げを発表しました。

インド中銀がレポレートを7.75%に、預金準備率を6.5%に引き上げ

ムンバイ 30日 ロイター:インド中銀は30日、短期レポレートを25ベーシスポイント引き上げ、7.75%にすると発表した。また預金準備率(CRR)も0.5%ポイント引き上げ、6.5%にすることを明らかにした。中銀は声明で「現在のマクロ経済金融状況および今後予測される流動性の状況を考慮し、インフレ期待抑制を目的として、緊急に実証可能かつ確固たる措置をとることが重要」との見解を示した。短期レポレート引き上げは即日実施される。預金準備率引き上げは4月14日と28日の2段階で実施される。


金利や預金準備率を引き上げる金融引き締め策が株価にとってマイナスに作用することは経済学の常識ですが、裏を返せば経済の強さを証明していることにもなります。実際に株式市場がどう反応するかはその時々の状況によって異なるでしょうが、半月前の中国の利上げ時には株価は急反発しました。ただインド株は世界同時株安後まだ迷走を続けていますので、週明けのインド市場はネガティブに反応するかも知れませんね。これに対して私は、押し目買いの方針継続で臨みたいと思っています。

人気blogランキングに参加しています 人気blogランキングへ

世界同時株安の波乱の後、いったんは落ち着きを見せていた世界経済ですが、今週は乱高下する為替や原油価格の急騰を受けて先行きに対する不透明感が高まりました。そんな中で私は、先週に引き続きポートフォリオの再構築に動いています。具体的には朝日Nvestグローバル(Avest-E)、DIAM中国関連株オープン(チャイニーズ・エンジェル)、ドイチェインド株式ファンドを追加購入しました。その結果、昨日時点での残高は下記の通りとなっています。

・欧米系
HSBC070

・新興国系
Diam002

ちなみに昨日はHSBC世界資源エネルギーオープンとHSBCロシアオープンの設定日でしたが、私はまだ様子見スタンス継続です。またHSBC投信が強気なブラジルについては早急に買い戻したいという気持ちはあるにはあるのですが、販売手数料の件もあるので今は中国とインドに注力して、マネックス証券の夏のキャッシュバックキャンペーンを待ちたいと思います(昨年は夏のボーナスシーズンに会わせて6月から7月まで行われました)。

関連記事

この記事へのコメント

kage

こんにちは、突然失礼します^^

私のサイトで記事を紹介させて頂いたので
ご連絡させて頂きました。

こちらの記事です
http://blog.livedoor.jp/wame/archives/50082432.html

Posted at 14:57:58 2007/03/31 by エル

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック