2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

中国が追加利上げを実施

kage

2007/03/17 (Sat)

今朝の定時報告で「もし中国市場が追加利上げでもう一段の調整を迎えるようなら、私は積極的に買い向かってみたいと思っています」と書いたばかりですが、驚いたことに中国人民銀行が本日、追加利上げを発表しました。

中国、0.27%利上げ・融資急増で7カ月ぶり

中国人民銀行(中央銀行)は17日、民間銀行が企業などに貸し出す際の基準金利を引き上げると発表した。上げ幅は貸出期間1年以上は0.27%で、18日から実施する。銀行融資が急増し、物価上昇の兆しが出ていることに対応する。ただ株価への影響などを心配して上げ幅を小さくしたため、引き締め効果は限定的とみられる。

利上げは昨年8月19日以来で7カ月ぶり。今回の改定により期間1年の貸出基準金利は6.39%、5年以上で7.11%になる。民間銀行は基準金利を10%以上割り引いた金利で貸し出すことができない。上限は規制されていない。預金の基準金利も上げる。幅は0.27%が中心で、1年物の定期預金で2.79%、5年物で4.41%になる。

貿易黒字が生むカネ余りを背景に2月の銀行融資の増加額は前年同月の2.8倍に急拡大。消費者物価の上昇率は同2.7%と1月を0.5ポイント上回った。人民銀の周小川総裁は5日に記者団に「インフレは政策金利を決める際の重要な要素」と指摘していた。(日本経済新聞より)


人気blogランキングに参加しています 人気blogランキングへ 記事の中に「ただ株価への影響などを心配して上げ幅を小さくしたため、引き締め効果は限定的とみられる」とあるので、月曜日の市場の反応は必ずしもネガティブではないかも知れません(悪材料出尽くしで反転の切っ掛けとなるかも?)。それでも一応は再投資の心づもりはしておきたいと思います。ただ具体的にどの投信を選ぶかとなるとちょっと悩みます。こちらでご紹介した「H株は割安」という情報を信じるのなら素直にH株組み入れ率の高いHSBCチャイナ・オープンを再選択すべきなのですが、市場環境がまだ不安定であることを考えると、ある程度臨機応変に動くことを想定して手数料の安い三井住友ニュー・チャイナやDIAM中国関連株オープン(チャイニーズ・エンジェル)も候補に入れたいところです。とりあえずは月曜日の市場の反応を確かめてからじっくりと考えたいと思います。

プロの投資コラム、チャートなど【無料】で投資情報を提供!

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック