2020 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2020 05

ポートフォリオ整理中

kage

2007/03/07 (Wed)

前回の定時報告で「来週の動向次第では一時的にBRICs完全撤退も考えています」と書きましたが、今週に入って着々とその言葉が現実のものとなりつつあります。ご参考までに昨日現在のポートフォリオをアップしておきますが、ご覧の通り最盛期だった先週前半から比べてトータル資産額は一気に半減しています。

HSBC066

人気blogランキングに参加しています 人気blogランキングへ BRICs関連の中でチャイナオープンだけ少し残してあるのは、中国だけは確実に再参入するつもりでいたための未練なのですが、本日の香港市場の動きを見て明日すべて売却する決心が付きました。やはり一度壊れてしまった相場はそう簡単には正常化しないように思いますので、当初の方針通り少なくとも今月中は様子見で、4月以降に再参入のタイミング待ちで行きたいと思います。ただ世界の市場が落ち着いたとしても、新興国市場は以前のようにBRICsだったら何でもOKというわけにはいかないように思います。これからは投資国や投資企業の選別が今まで以上に重要になるのではないでしょうか?つまりこれからは同じ地域のファンドの比較・選別もシビアに行う必要があるということですね。

なお今回は欧米系からも朝日Nvestグローバル(Avest-E)も少し売却しています。もっともこれは相場に悲観的になったからではなく、以前こちらの記事でも触れたように、来週に迫った決算で多額の分配金が出されることに備えての一時避難です。なぜ一時避難が必要かというと、投資信託の分配金は配当所得となり株式の譲渡損失との通算ができませんが、買取請求で売却すると譲渡所得となり株と通算可能となるためです。ですからAvest-Eは決算前に一度売却して配当落ち後から徐々に買い戻すつもりです。

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック