2020 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 04

中国市場バブル論について

kage

2007/01/31 (Wed)

前回の定時報告でアメリカの著名投資家であるジム・ロジャーズ氏が中国株にバブルの警告を出したというニュースをご紹介しましたが、今度は国内の責任ある立場の人から同様の警告が発せられました。

中国株式市場はバブル─全人代副委員長=英紙

ロンドン 30日 ロイター:31日付の英フィナンシャル・タイムズ(FT)紙によると、中国全国人民代表大会(全人代)常務委員会の成思危・副委員長は、国内の株式市場がバブル化しているとの認識を示したうえで、不合理な投資リスクを認識すべきだと警告した。同副委員長はFTとのインタビューで「バブルが進行している。投資家はそのリスクを警戒すべきだ。強気相場では投資家はやや不合理な投資を行う。どの投資家も勝てると思っているが、その多くが最終的には負ける。しかし、そのリスクを取るのは投資家の選択次第だ」と述べた。そのうえで、「人々の行動を行政措置で変えることはできない。市場は参加者の動きに基づいて推移する。投資家は自分自身で教訓を学ぶ必要がある」と強調した。上海株式市場の主要株価指数は昨年130%上昇したが、上昇相場は8カ月目に入っている。


人気blogランキングに参加しています 人気blogランキングへ 中国株が本当にバブルなら投資資金の一時引き揚げも考えなくては、と思いつつこの記事を読んでみると、今まさにバブル状態なのはどうやら上海株式市場(上海A株、上海B株)のことのようですね。だったら上海市場に0.55%(2007年1月26日時点)しか投資していないHSBCチャイナオープンには影響のない話かというと、そう簡単にはいかないようです。

香港株式市場・大引け=反落、上海株式の急落を嫌気

香港 31日 ロイター:31日の香港株式市場は反落して引けた。上海市場で上海総合株価指数が急落したことを受け、本土の金融株や中国移動の主導で全面安商状となった。ハンセン指数は354.04ポイント(1.73%)安の2万0106.42。終値で2週間ぶりの安値を付けた。中国企業株(H株)指数は1.73%下落し、3週間ぶり安値の9602.40で終わった。


いくら香港が特別行政区だといっても中国であることには変わりはないわけで、どうしても本土市場の影響は受けてしまうようです。例えはおかしいかも知れませんが、日本でいえば日経平均が新興市場の下落に引っ張られるような感じでしょうか?また一般的に春節(旧正月、今年は2月18日)前の中国株は調整することが多いそうですので、ここからしばらくは中国株投資家にとってガマンの時期になるのかも知れませんね。

プロの投資コラム、チャートなど【無料】で投資情報を提供!

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック