2021 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2021 05

2021

kage

2021/01/03 (Sun)

遅ればせながら本エントリーが2021年最初の更新となります。本年も引き続きしがないハイリスク投機家の戯れ言にお付き合いいただければ幸いでございます。

コロナ禍は続く

昨年の年頭に書いた「2020」を改めて読み返してみても、コロナのコの字すら出てきません。取りも直さずこれは、この1年足らずの間に私たちを取り巻く環境が激変したことを意味するわけで、今なおコロナ禍は続いています。この間、極めて異例のスピードでワクチンが実用化されましたが、まだまだ普及は先の話であり、世界中で感染拡大が続いているのが厳しい現実なのです。

年が明けて2021年を迎えても、このような非常事態は収束の気配すら見えません。しかしながら、私個人の感覚を正直に申し上げると、周囲にコロナ感染の事例ははとんどなく、何となく他人事のように思っていました。もちろん、マスクや手洗いを欠かさず、三密を避けるなど、感染防止のための対策は徹底しているのですが、本当に危機感を持って行動していたのか?と問われれば、胸を張って「Yes」と答えられない自分がいたりします。

(Sponsored Link)


しかし、毎日の感染者数が過去最高を更新し続ける事態に至っているわけですから、コロナは確実に私たちの周辺に近づいていると考えるべきでしょう。実は最近になって、それを思い知らされる出来事がありました。具体的には、過去の「闘病記」カテゴリーのエントリーでたびたび書いている私が通う大きな総合病院で、ついに職員から感染者が出たのです。この事実は、いかに感染対策を徹底したとしても、感染リスクを完全に封じ込めることは不可能であることを示しているのではないでしょうか?すなわち、ことここに至っては、私たちはいつどこで新型コロナウイルスに触れてもおかしくないというのが現実なのでしょうね。

ですから、2021年も間違いなくコロナ禍は続くでしょう。しかし、危機感ばかりを煽るのもちょっと違うような気がします。なぜなら、このままコロナ禍が永遠に続くことなどあり得ませんから。感染が拡大すれば、いずれ私たち人類は集団免疫を獲得し、パンデミックは収束に向かうでしょう。かつて世界中で猛威を振るったスペイン風邪も、多くの犠牲者を出しながらも、結局は収束しましたので。もちろん、今あるワクチンやこれから登場するワクチン、あるいは治療薬が有効に機能して、パンデミックが収まるのが理想ではありますが、複数の変異種が発生している現状を見るにつけ、インフルエンザのようにその年によってどの型が流行するか分からないような状況になるのでは?と勝手に想像しています。

これは以前から言われていることですが、コロナ禍において私たちが目指すべきは感染の防止ではなく、医療体制が崩壊しないように感染までの時間を稼ぐことなのです。とはいえ糖尿病の基礎疾患を持つ私にしてみれば、感染は命の危険を意味しますので、その論理を素直に受け入れがたいこともまた事実。しかし先に書いたとおり、いかに感染対策を徹底したとしても感染リスクを完全に封じ込めることは不可能であり、そもそも感染がある程度拡大しなければ集団免疫も獲得できないというジレンマもあります。政府のGoTo事業を巡る迷走を見ても、「Withコロナ」の生活など幻想であると私たちは思い知らされました。そうなれば、コロナには一刻も早くご退場願いたいところなのですが、2021年はまだ過渡期として否応なく「Withコロナ」の生活を強いられるのでしょうね。

選挙イヤー

今年は10月に衆議院議員が任期を迎えるため、その前に必ず総選挙があります。また東京では都議会議員選挙も予定されています。今般のコロナ禍において私たちは、無能なリーダーや議員を選んでしまうと、自らの命さえ危うくしかねないという現実を思い知らされました。そういう意味で、2021年は政治のターニングポイントになる可能性も秘めていると私は考えます。しかしその一方で、現在の政治に失望して、その不信感から投票率が低下する負のスパイラルも懸念されます。

私たち一人ひとりの努力でコロナの拡散をある程度抑制できたように、一人ひとりが投票で意思を示せば政治も必ずや変わるはずです。そう信じて、今年は貴重な一票を無駄にせず、堂々と意思表示をしようではありませんか。

投資環境は波乱含み?

下記はいつものようにYahoo!ファイナンスからお借りしてきた、日経平均株価の2年チャートです。赤い矢印で示したポイントは、冒頭で紹介した「2020」を書いた時期です。これではコロナのコの字も出てこないのも納得ですね。

日経平均株価 2年チャート

しかしご覧のとおり、その後3月にかけてコロナ・ショックが市場を襲いました。しかしその後は各国政府や各国中央銀行の積極的な対応もあり株価は持ち直し、年末には一段の高値となり、まさに「掉尾の一振」を実現する形となりました。

この流れを受けた2021年の投資環境はどうなるのでしょうか?結論から先に申し上げると、それは誰にも分かりません(神のみぞ知る)。世界的な超異次元金融緩和でジャブジャブにあふれたマネーが本格的なバブルを引き起こすかも知れませんし、ワクチンの効果などでコロナ感染拡大に収束の兆しが見えれば、金融緩和縮小の思惑から第2次コロナ・ショックが市場を襲う可能性も十分にあります。しかし長期的に見ればコロナ収束はそれまで抑制されてきた欲求の爆発という反動を生む可能性が高いため、旅行業や飲食業には多大な恩恵をもたらすかも知れません。とはいえもしそうなったとしても、完全にコロナ以前の生活パターンに戻ることはなく、コロナ禍で生まれた「新しい生活様式」の一部はこれからも残り、発展していくことでしょう。

これまで人類は長い歴史の中で数々の災害、疫病、戦争などを経験してきました。しかしその子孫はしたたかに繁栄を続け、世界経済も多少の波はあっても長期的に成長を続けています。もしかすると2021年は、私たち人類のしたたかさを再認識する年になるのかも知れませんね。

(Sponsored Link)

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック