2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

最近の個人的ポイント還元事情

kage

2019/12/22 (Sun)

皆さんご承知のとおり、10月1日の消費税率引き上げに伴い政府主導のキャッシュレス決済ポイント還元制度が導入され、決済業界を取り巻く環境も新たな段階に突入しました。最近の報道によると政府のポイント還元は予想以上に活用され、当初予算が足りなくなり、新たに来年度予算にも追加計上されるそうですね。このように世の中は好むと好まざるとに関わらずキャッシュレス社会に向かって爆進を始めました。ただし政府のポイント還元は来年6月までですので、その後がどうなるのか?には多少の不安もありますが、新たにマイナンバーカードに紐付けたポイント還元も予定されていますので、おそらくこの流れは変わらないでしょう。実際に世界中を見回しても、進む方向は間違いなくキャッシュレス社会のようですから。

当ブログで時々ネタに利用させていただいているテレビ番組「田村淳の訊きたい放題!」の昨日の放送で、出演されていた一般社団法人リディラバ代表の安部敏樹さんが「政府のポイント還元は結果的に高齢者から若者への富の移転になっている」と指摘されておられました。これを聞いて私は目からウロコではありませんが、「なるほどな」と関心させられました。確かに安部さんご指摘のとおり、キャッシュレス決済は何かと準備が面倒で、本当に使いこなせているのは若者が中心でしょう。そして高齢者は依然として現金第一主義を貫いている。この状況が富の移転をもたらしているというのです。高齢者に富の多くが集中し、それが使われないことが日本経済の大問題であることは皆さんご承知のとおりですが、政府のポイント還元が少しでもそれを是正してくれるのならありがたいことですよね。こうした現状を考えれば、私たちとしてもキャッシュレスの流れに乗らないという選択肢はないでしょう。

(Sponsored Link)


さて、それでは本エントリーのタイトルに掲げた「最近の個人的ポイント還元事情」はどうなっているか?と申しますと、ついこの前まではこちらのエントリーでご紹介したJCBカードの20%還元キャンペーンほぼ一択の状態でした。しかし誠に残念ながら、このキャンペーンも12月15日をもって終了してしまいました。このため今の私はちょっとした「ポイント還元ロス」状態に陥っています。

ちなみにこちらのエントリーでご紹介した三井住友カードの2,000円還元キャンペーンも早々に活用し、すでに枠は残っておりません。そこで仕方なく現状は各社が矢継ぎ早に打ち出してくる小さなキャンペーンを波乗りのように渡り歩いている状況です。具体的には下記のキャンペーンを活用させていただきました。

・LINE Pay メリークリスマスクーポン 500円
・LINE Pay 年末感謝クーポン祭 200円
・LINE Pay ドラッグストアセキ300円OFFクーポン
・LINE Pay マツモトキヨシ200円OFFクーポン
・LINE Pay コモディイイダ100円OFFクーポン
・PayPay使うなら「だんぜん!ダイソー」キャンペーン 100円

そんな中、今日初めて使ったのが下記のキャンペーンです。

ローソンでau PAY決済を使うと最大20%ポイント還元キャンペーン!

au Pay

実はわが家のインターネット回線がauなので、au WALLETポイントがそこそこ貯まっていたのです。本当なら携帯電話に合わせてソフトバンク系にしたかったのですが、集合住宅のため選択肢がNTT系、KDDI系、地元のケーブルテレビの3種類しかなかったものですから。そしてau PAYが他のキャリアユーザーにも開放されたことで、ようやく私も本格的にau WALLETポイントを消費できる環境が整ったというわけです。ちなみに、今日の初使用はローソンストア100でした。Pontaポイントを消費すれば新たなポイント付与はなく、キャッシュレス決済のポイント還元2%も適用外となるのですが、au PAYならどちらも対象となるためお得感がありました。加えてこのキャンペーンではauスマートパスプレミアム会員でなくても19%還元というのがありがたいですね。

上記キャンペーンはKDDIとローソンがポイント事業で提携することを記念して開催されました。この提携により、au WALLETポイントは来年5月以降にPontaポイントと統合されることになります。過去のエントリーにも書いたとおり、私がメインで使っているクレジットカードのリクルートカードプラスで付与されるリクルートポイントはPontaポイントと等価交換ができるため、私個人の生活環境においてはPontaポイントが最も貯まりやすいのです。それがau PAYで使えるようになるのですから、活用環境は間違いなく充実することでしょう。

このように、キャッシュレス業界では大規模な合従連衡が続いています。今やQR決済最大手となったPayPayも親会社の経営統合によりゆくゆくはLINE Payと統合される方針が示されています。さらにKDDIの動きを見て、Tポイントとの連携を深めてくるかも知れませんね。そうなると次はNTTのdポイントがどう出てくるのか?個人的には注目しています。

さて、代表的なポイントといえば、楽天ポイントも忘れてはなりません。その楽天が、楽天ペイアプリで新年早々下記のキャンペーンを開始します。

1月1日(水)スタート!全員対象!全店舗でずーーっと5%還元

楽天ペイ

楽天ペイはこれまでもコンビニ、ドラッグストア、家電量販店などで使えたのですが、最近新たに私もよく利用するスーパーのオーケーストアにも導入されました。オーケーストアには「オーケークラブ」という会員制度があり、200円払って会員になると食料品に限り3/103(3%相当額)が割引になります。ただしクレジットカード決済などは適用外なのですが、PayPay・LINE Pay・楽天ペイは例外的に適用されます。これは決済業者側が今は手数料を無料にしているためで、一応「期間限定」扱いではありますが。いずれにせよ、これによりオーケーストアで楽天ペイ決済を使えば、楽天ペイで5%還元、オーケークラブで約3%割引の合計8%還元となります。さらに楽天ペイの残高を紐付けた楽天カードからチャージすれば別途1%還元となりますので、合計で9%還元になるわけですね。もちろん数字だけで比較すればJCBカードの20%還元の半分以下ですが、9%還元なら十分にお得で使い倒すべきキャンペーンといえるでしょう。という訳で、個人的には来年1月1日から3月2日まではこちらのキャンペーンをメインで使っていくつもりです。

(Sponsored Link)

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック