2019 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2019 10

今週のひとりごと

kage

2019/07/28 (Sun)

今週は特に書きたいネタが思い当たりませんでしたので、とりとめのないひとりごとでお許しください。

ソフトバンク・ビジョン・ファンド2

前回のエントリーでも触れたソフトバンク・ビジョン・ファンドですが、第2弾が設立されるようですね。下記報道によるとその総額は11.7兆円とのこと。ソフトバンクといえば最近でこそ携帯電話事業が有名ですが、そもそもはM&Aや企業への投資を積極的に行う投資会社的な特徴を持っていました。実際のところ携帯電話事業だってボーダフォンから買収したものですしね。さらに米スプリントや英ARMのような大型買収からも分かるとおり、今でもその特徴は変わっていません。その上でソフトバンク・ビジョン・ファンドの成功や第2弾の設立によってますます投資会社としての側面に注目が集まりそうですね。

ソフトバンクG12兆円ファンド、サウジPIFは現時点で含まれず(Bloomberg)

上記報道によると第2弾には日本のメガバンクや大手証券会社も参加するとのこと。これは自己運用が上手くいかないので、勝ち馬に乗ろうということなのでしょうか?事実、記事の中に「(1号の)投資リターンは成功報酬を含め62%だった」とありますし、孫さんにすべてお任せしたい気持ちはよく分かります。しかしややもすると顧客に過剰なリスクを背負わせがちな大手金融機関が、自社の運用ではこぞって孫さんのファンドに参加するというのも今ひとつ釈然としませんね。ですからもし可能であれば自社の出資分の中から一部でも個人投資家枠として開放していただきたいものです。もちろん売買に制限のあるクローズ型としての販売で構いませんので。もしそれが実現すればかなり人気化するのではないでしょうか?そうなれば一般的なアクティブファンドにとっては存在意義を問われかねない由々しき事態にもなりかねませんが、個人向けの運用業界に一石を投じる意味でもぜひご検討いただければと思います。

(Sponsored Link)


QRコード決済

皆さんご承知のとおり、今世の中には○○ペイと呼ばれるQRコード決済が乱立しています。その背景には10月からの消費増税に合わせて導入される政府のポイント還元政策があることはほぼ間違いありません。この政策はキャッシュレス決済が前提であり、特に中小規模の店舗を優遇することから、導入が簡単で費用もあまりかからないQRコード決済が注目されるのも自然の流れでしょう。それで現在は各社が10月からの本番に向けた陣取り合戦を繰り広げている状況です。

相場の世界においてアクティブ投資家は市場の歪みに注目して買われ過ぎを売り、売られ過ぎを買おうとします。そういう意味で今のQRコード決済業界は通常あり得ない「20%還元」というような大盤振る舞いが乱立している状況で、明らかに歪んでいます。実際こんな大盤振る舞いをして事業が成立するはずもなく、メルカリやLINEの決算を見てもQRコード決済事業は大赤字です。それでも今は本番前の陣取り合戦なので、利益は度外視ということなのでしょう。だったら消費者としてはこれに乗らない手はありませんよね。

QRコード決済は何となく面倒そうだからとか、7payのように不正利用されると怖いからなどという理由でまだ利用していない方がおられたら、このエントリーを読んだのも何かの縁だと思って今こそ一歩足を踏み出して使ってみましょう。何と言っても10月からは政府が巨額の税金を投じて市場をさらに歪めに来るのですから。今この流れに乗って家計の自己防衛に着手しなければ、結局のところ消費増税で取られるばかりですよ。

ちなみに私は携帯電話がソフトバンク系のY!mobileですので、同じ系列のPayPayをよく利用しています。今は店舗限定でランチタイムに20%還元のキャンペーンをやっており、これを積極的に活用しています。ここで還元された20%分を使うとさらに20%が還元される点などはまさに資産運用で言うところの複利の効果ですよね。とはいえこのように明らかに消費者が有利になるような市場の「歪み」がいつまでも続くわけはありません。ですから今は消費増税前後の一時的なお祭りだと割り切った上でぜひ有効活用してください。

積立王子のブログ

セゾン投信の中野社長のブログに「高齢者への不適切な保険販売問題」への言及がありました。しかし残念ながら「日本郵便」という名称は一切出てきません。

既存金融業界は変われるか

老後資金2000万円問題に続きかんぽ生命の不適切販売問題と、中野社長にとっては大逆風で誠にお気の毒と言いたいのはやまやまですが、「セゾン投信は日本郵便と手を切れ」にも書いたとおり、セゾン投信は直接不正販売に手を染めた日本郵便から4割の出資を受けている関連会社なのですよ。ですから私に言わせれば「既存金融業界は変われるか」ではなく、「セゾン投信は変われるか」に他なりません。今巷で話題の吉本興業問題ではありませんが、「トップが変わらなければ縁を切る」くらいのことは言ってください。それが私の期待しているセゾン投信の矜持なのですから。

(Sponsored Link)

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック