2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

HSBC投信等評価額(2006.10.27現在)

kage

2006/10/28 (Sat)

先週の定時報告の最後に押し目買い用に確保していた資金は別に回すことにしました。その投資先についてはまた改めてご紹介したいと思いますと書きましたが、今回はその新規投資先のご紹介をしたいと思います。

商品市況の下落による波乱を懸念して欧州新成長国株式ファンドとブラジルオープンを売却した直後は商品市況さえ安定すれば買い戻しを検討するつもりでした。しかしその後、一時的に下落した基準価額が予想に反して売却時のレベルを超えて堅調に推移しており、何となく買い戻しにくい状況になってきました。また肝心の商品市況の下落懸念も払拭されたわけではありませんし、ロシアやブラジルには相変わらず政治的リスクも存在していますので、買い戻しのためにプールしていた資金は思い切って別の投資先に振り向けることにした次第です。

人気blogランキングに参加しています 人気blogランキングへ しかし、いざ新しい投資先を探す段階になって困ったのは最近の海外市場はどこも堅調に推移しており、この時点での新規投資は高値掴みになる危険性を孕んでいることです。となると新規投資先の候補として外国株に対して出遅れ感が大きい日本株が視野に入ってきます。出遅れ感を理由に投資をするのであれば長期運用を前提にTOPIXや日経225と連動するインデックスファンドを購入するのがおそらく正しい選択なのでしょうが、今回はあえて短期売買も視野に入れながらひとつのアクティブファンドを選択しました。

いろいろと検討を重ねて今回私が選んだファンドは「SBIニュージャパン・インデックス・ファンド」です。その運用方針は「21世紀の日本経済の変革を推進していくであろう、ITを効率的に利用してビジネスを推進している企業群の株価を指数化し」連動を目指すというものです。SBIという名前からもお分かりのとおり、今回はイー・トレード証券での購入となりました。買付手数料 はなし、信託報酬(税込)は0.9975%、信託財産留保額は0.2%です。

9月29日時点での組み入れ比率順位を見ると、エヌ・ティ・ティ・ドコモ、キヤノン、本田技研工業、トヨタ自動車、日本電信電話が上位5社で、6位以下にも名だたる国際優良企業が名を連ねています。私がなぜこのファンドを選んだかというと、日本株はまだしばらくは国際優良株有利の流れが続くと思ったこととNTT、KDDI、SoftBankなどの通信株を幅広く組み入れていることです。通信各社は携帯電話で過当競争に陥る危険性もありますが、激しい競争をくぐり抜けた企業ほど強くなるものと期待しています。加えて通信株はITバブル崩壊以降休養も十分ですので、一度動意付けば意外高があるかも知れないと思っています。もっとも今回は自分の投資判断が間違いだった場合には短期であってもスッパリと切る覚悟の投資です。このファンドは定時報告の対象とはしませんが、何か動きがあればまたご報告します。

さて今週の海外株式市場は引き続き堅調で私のポートフォリオもさらに成長を続けています。

HSBC047

あまりの力強さにそろそろ怖くなってきていたアメリカ株ですが、さすがに昨夜は成長率の鈍化を嫌気して急反落となりました。米国市場の動向は世界中の株価に大きな影響を及ぼすだけに来週の動きには注目しています。

関連記事

この記事へのコメント

kage

初めまして、このたびランキングサイトを開設しました!
簡単な登録でエントリーできますので、よろしければランキングへの参加をお願いいたします。
ランキング上位にならなくても、『注目サイト』として取り上げることもありますので、アクセスアップのためにも是非ご参加ください!
開設したばかりなので、今が上位を狙えるチャンスです!
今後、巨大ランキングサイトにしていくつもりですので、早めの参加が断然有利です!
それでは登録お待ちしております!

株ブロガー選手権!
http://rank-net.jp/kabulog/

Posted at 11:15:13 2006/10/29 by 株ブロガー選手権!

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック