2018 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 08

苦渋の決断

kage

2018/04/01 (Sun)

ひとつ前のエントリーにも書いたとおり、本日4月1日は学校の新学年や企業の新会計年度がスタートする節目の日です。それが今年に限っては私の投資人生において、苦渋の決断を余儀なくされる節目の日となってしまいました。その苦渋の決断とは言うまでもなくたびたびブログ上で公言してきたセゾン投信との関係見直しであります。具体的には「今年度中(現時点では前年度中)に二度目の信託報酬引き下げが行われなかった場合は私もそれなりの覚悟でセゾン投信との関係を見直す」というものでした。年度末となった昨日3月31日は土曜日であったため、最後の最後でサプライズ発表などあるわけもなく、期待しても無駄なだけだとは重々承知の上で待ち続けましたが、誠に残念なことにまったく動きは見られませんでした。こうなると否応なく私は決断を迫られることになります。弱小ブログで影響力が小さいことを逆手に取って、「すべては今日のエイプリルフールを見据えた冗談でした。ごめんなさい。」と言って逃げることも、あるいは可能だったかも知れません。しかしそこは小なりといえども公に意見を公開しているブロガーの端くれとして、私はやはり「有言実行」を選択することにいたしました。つきましては本日4月1日をもって私はセゾン投信との関係を見直し、以下の2点を実行に移すことといたします。

1.定期積立プランの解約

こちらについてはすでに申込用紙への記入を済ませ、宛名シールを貼った封筒に入れ、後は投函するだけです(本日中に投函予定です)。これにより4月4日(水)が最後の引き落とし日となり、4月23日(月)が最後の定期積立投資約定日となる予定です。思い起こせば初回の約定が2007年5月23日でしたので(「セゾン投信の初回積み立てが完了」をご参照ください)、ちょうど丸11年続けたことになるわけですね。今回、思わぬ形で定期積立投資は終了することになり誠に残念ではありますが、ハイリスク投機家を自認する私に長期投資の重要性を認識させてくれたセゾン投信には今でも感謝の気持ちでいっぱいです。とはいえ「もし仮に自分が今から長期投資を始めるとしたら」と考えた時には、残念ながら今のセゾン投信は私の選択肢に入りません。ですからこの定期積立プラン解約も、これまでセゾン投信推しを続けてきたブロガーの端くれとしてのひとつのけじめ(あるいは責任の取り方)であるとお考えください。

2.定期取り崩し(売却)の開始

セゾン投信との関係を見直すのであれば、未練を残さず全数一括売却という選択肢もあったでしょう。しかし私は熟慮の末にこの決定に至りました。その最大の理由は、実は定期積立投資が終了することによりブログネタが消失してしまうことに対する危機感でありました。そこで4月に最終回を迎える「セゾン投信定期積立経過報告」の後継ネタとして、5月からは「セゾン投信定期取崩経過報告」をスタートさせようと考えた次第です。ちなみに売却タイミングは「まるで定期積立約定日を狙ったかのように目先の高値を付けやすいというあまり嬉しくないアノマリー(根拠の無い経験則)」を狙い撃ちするつもりです。実際問題としてこれからセゾン号の乗客(受益者)にも徐々に定期売却のニーズは高まると思われますので、私がひと足早くそのサンプルになれればとも思いました。またこの決断は、私の中にまだセゾン投信愛が残っていることの現れであることもぜひご理解いただければ幸いです。私は今でもセゾン投信がなくなれば運用業界から良心が消えてしまうと本気で考えていますので。とはいえそのために少々のコスト高など甘受せよ!とは言えない立場もどうかお察しください。

本エントリーでは決めた内容を淡々と書くに止めて、それ以外の余計なことにはできるだけ言及すまいと思っておりました。しかし、ここにきてどうしても気になることが出てきましたので、最後にこれだけは書かせてください。それは少し前にセゾン投信からお願いのメールが届いたアンケートの内容についてです。私はその中にあった「セゾン投信を家族・友人・知人に勧めたいと思いますか?」が気になりました(すでにこのアンケートは終了しているので表現は記憶に頼っており、正確ではありません)。このアンケートに回答していない方でも少し前まではセゾン投信のサイトを訪問すると同じような質問がポップアップで表示されていましたので、ご存知の方も多いのではないでしょうか?実は昨年2月に実施されたレオス・キャピタルワークス(ひふみ投信の運用元)のアンケートにもこれと似た項目があり、こちらのエントリーで私は大いに懸念を示しておりました。以下はその転載です。

あとどうしても気になる項目がありましたので、もうひとつだけ書かせてください。それは「ひふみ投信を友人や家族に勧めたいか?」という問いでした。私の気持ちを正直に書けば「勧めたい」です。しかし実際には一切勧めていません。言うまでもなく、投資には自己責任の原則があります。いくら他人から勧められた投資法であっても、損をすればすべて自己責任です。勧めた人を責めることはできません。それでも人間関係には何かしら影響が残るでしょう。私はそれが引っかかるのです。ですから以前叔父から「投資をしてみたい」と相談された時も、私は自ら投資していて信頼も厚いひふみ投信ではなく保有したこともない結い2101(鎌倉投信)を勧めました(その経緯についてはこちらのエントリーに書いていますのでよろしければご参照ください)。これは叔父の年齢も考慮してできるだけ堅実にと考えた結果でもあります(それでもアクティブファンドを勧めるあたりが私らしいところではありますが)。また今年のお正月に過去の私との会話をきっかけにセゾン投信で投資を始めた友人に久しぶりに会った時に、「今が“トランプラリー”の恩恵で投資環境が好転している時期で本当に良かった」と思ったことはこちらのエントリーに書いたとおりです。投資にはどうしても損得がつきまといますので、いくら自分が実践して成功している投資法であっても軽々しく他人に勧めるべきではないと私は考えます。ですからアンケートとして聞くだけならまだしも、「友人や家族に勧めてください」という販促策は絶対に採用すべきではありません。もちろんこれはあくまでも私個人の意見であり、深読みし過ぎの杞憂かも知れませんが、どうしても気になりましたのであえて書かせていただきました。失礼の段、平にご容赦ください。


私の考えはこの時とまったく変わっておりません。ですからもし仮にセゾン投信が「私どもの商品をぜひ積極的にご家族・ご友人・お知り合いにお勧めください」というセールストークを使った際には、躊躇することなく即刻全数一括売却に踏み切りますのであしからずご了承ください。ちなみにこれはセゾン投信に限らず、レオス・キャピタルワークスでも同様です。レオス社の場合は結果的にこのアンケートの直後に「カンブリア宮殿効果」による純資産総額急増があったため、そのようなセールストークが登場することはありませんでした。しかし、セゾン投信の場合は果たしてどうでしょうか?個人的にはセゾン投信の矜持(詳しくは「セゾン投信が示す運用会社の矜持」へのツッコミをご参照ください)を信じたいところですが…。

(Sponsored Link)



関連記事

この記事へのコメント

kage

先日、約定日のコメントをさせて頂いた者です。ご丁寧な返信ありがとうございました。せっかくですのでちょっと伺ってみたい事があり再投稿します。

セゾン号下船を決断されたんですね。

昨年はインデックスファンドの信託報酬の価格競争が進みました。emaxis slimなんて0.1%台です。(三菱の回し者ではありません)

このような、あまりにも信託報酬の低いファンドに資産を預けるリスクについてはどのようにお感じでしょうか?

また逆に、おやじダンサー様ほど知識がおありでしたら信託報酬の低い商品を自分で選んで組まないの?とも思ってしまうのですがそのあたりはどうしてセゾンだったのでしょう。

私自身はそれなりに知識はありますが、あるが故に、初心忘るべからずで、これからも初心者向けと言われるセゾンにするのですが。

自分でゴチャゴチャやっても結局たいして変わらなかったという経験則も(笑)セゾンは保守派が多いので解約が少なく、長期で預けてまあまあの利益を望むのには良いとも考えています。

お時間あるときに簡単にでもコメント頂けますと幸いです。あの後他の記事もいくつか拝読させて頂き、大変勉強(参考)になるブログだと思いました。

Posted at 13:13:52 2018/04/02 by 通りすがり2

この記事へのコメント

kage

通りすがり2さん

コメントありがとうございます。
お尋ねの件につきまして、下記のとおりお答え申し上げます。

・インデックスファンドのコストダウン競争はいよいよ過当競争のレベルに達した感もあり、これからは続々と脱落者が出てくるかも知れません。そういう意味ではいかに勝ち馬に乗るかが重要になるような気がしています。

・私がセゾン投信を選んだ理由は純粋に魅力的だったからです。セゾン投信設立当時に私が受けたインパクトの大きさは、最近の楽天バンガードファンドの比ではありませんでした。

・私は今のセゾン投信を決して初心者向けだとは思っておりません。詳しくは下記のエントリーをご参照ください。

投資初心者にセゾン投信はおすすめできない?
http://oyajidancer.blog22.fc2.com/blog-entry-1331.html

Posted at 21:40:12 2018/04/02 by おやじダンサー

この記事へのコメント

kage

お忙しい中コメントありがとうございました。

意見交換できまして個人投資家としてとても為になりました。

これからもブログ、時々覗かせて頂きますね。



Posted at 12:41:30 2018/04/03 by 通りすがり

この記事へのコメント

kage

通りすがりさん

コメントありがとうございます。

吹けば飛ぶような弱小ブログではありますが、今後ともお気に留めていただければ幸いです。何かありましたらぜひまたお気軽にお声がけください。

Posted at 01:09:04 2018/04/04 by おやじダンサー

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック