2018 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 01

ついに資産3倍増を達成

kage

2017/12/21 (Thu)

12月16日付のエントリー「ひふみ投信定期積立経過報告」の中で私は、「もしかすると近々資産3倍増(騰落率200%)達成のご報告ができるかも知れません」と書いておりました。それが本日めでたく現実のものとなりましたので、謹んでご報告させていただきます。まずはご参考までに現時点の騰落率(私個人の運用成績)をご覧ください。なお12月12日は今月の定期積立投資約定日であります。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 17,115 円 (12月12日から増減なし)
●基準価額 : 51,484 円 (12月12日より1,182円上昇)
●騰落率 : +200.8% (12月12日より6.9%改善)


今回は記念すべき資産3倍増達成ですので、一応念のために上記数値を裏付けるエビデンス(証拠)もお示ししておきましょうか。下記左が本日の基準価額、そして下記右が今月の定期積立投資約定時に交付された取引報告書に記載されている私個人の取得単価です。

ひふみ投信基準価額 ひふみ投信取得単価

冒頭でリンクを貼った前回のエントリーにも買いておりますが、この騰落率はほぼ定期積立投資だけによるものです。すなわち、買い付けタイミングなど何も考えずに、設定以来9年と3ヵ月間ただひたすらコツコツと積み立て投資を継続しただけで投資元本が3倍になったわけです。これは本当にすごいことではありませんか?思い起こせばひふみ投信を運用するレオス・キャピタルワークス社の社長兼運用責任者である藤野英人さんがテレビ東京系の経済情報番組「カンブリア宮殿」に出演されたのは今年の2月16日(木)のことでした。改めてその日の基準価額を調べてみると、4万円にすら届かない37,793円だったのですね。あの頃は「テレビで紹介されて人気化したファンドに飛び付くのは危険だ」とか「いくら過去の成績が素晴らしいからといって安易に飛び付いてはいけない」などと散々な言われようでしたが、結果的には安易に飛び付いた人も十分に利益を得られている計算になりますよね。もし仮に放送翌日の2月17日(金)にひふみプラスの買い注文を出したとすれば、週明け2月20日(月)の基準価額30,907円で約定したはずです。それが今日時点の基準価額は41,929円にまで上昇していますので、運用成績は単純計算で+35.66%となるわけです。この間はわずか10ヵ月あまりですから、十分に満足できる結果と言えるのではないでしょうか?もちろんこの成果は運用チームの実力だけでなく、たまたま相場環境に恵まれたことが大きな要因であったことは私も否定しません。またひふみ投信をさらに上回る素晴らしい成績を残しているファンドが少なからず存在することも事実でしょう。だからと言ってひふみ投信が今日まで積み上げてきた基準価額51,484円という実績が色あせてしまうわけではないはずです。現実に今日、この時点で私の投資元本は3倍増を達成していますので、10ヵ月前に「ひふみ投信に安易に飛び付いてはいけない」と警鐘を鳴らしていた人たちにこの輝かしい成果をどう評価していただけますか?とぜひ一度聞いてみたいものです。

トータルで見ればアクティブファンドはインデックスファンドに勝てない。これは紛れもない事実でしょう。過去の成績が素晴らしいから未来の成績も素晴らしいとは限らない。これも否定できない相場の真理です。だからアクティブファンドに投資するのは非合理的だ、と言われれば私には返す言葉もありません。しかし、だからと言ってひふみ投信がこれまで残してきた実績も完全否定でいいのでしょうか?キッチリと結果を残してきたアクティブファンドは適正に評価していただきたい。それがハイリスク投機家を自認する私のささやかな願いです。

(Sponsored Link)



関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック