2018 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 08

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017に投票しました

kage

2017/11/26 (Sun)

相互リンクさせていただいているrennyさんが運営委員長を務めておられる「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」も回を重ねて今回で11回目となりました。つい先日節目の10周年を迎えたと思っていたら、あれからもう1年が経つのですね。まさに光陰矢のごとしとはこのことです。それにしても私的なボランティア運営で組織的な後ろ盾のない手作りの企画がここまで続いたのは本当にすごいことだと感嘆しております。以前はこのアワードで選出されるファンドと業界のいわゆる売れ筋ファンドとの間には大きな乖離があり、売り手と買い手の思惑の違いが鮮明でした。しかし現在では来年から始まるつみたてNISAをきっかけにした金融庁の圧力により、ファンド業界側が(不本意かも知れませんが)買い手側に大きくすり寄ってきた印象を持ちます。理由や思惑はどうであれ、買い手本位の金融商品が増えることは素直に喜ぶべきでしょう。本アワードが少しでもこの流れを後押しする力になれば嬉しいですよね。

というわけで、投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2017に不肖私も投信ブロガーの端くれとして本日投票をさせていただきました。結果的に締め切り間際の投票となってしまいましたが、これは最新の月報(運用報告)をじっくりと吟味して投票するため時間がかかった…わけではなく、ブログを更新するネタが枯渇した時の数合わせ用に温存しておこうというあざとい考えからです。結果的に今月は月末になっても更新数が伸びませんでしたので、このタイミングで使わせていただきました。なお本企画の詳細につきましてはいつものように下記の公式サイトでご確認ください。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017

FOY2017

私の投票内容につきましては、いつものように結果発表後に公表して言い訳をさせていただきたいと思います。なおご参考として以下に過去の投票内容と言い訳へのリンクを貼り付けておきます。

投信ブロガーが選ぶFund of the Year 2008

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2009

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2010

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2011

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2012

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2013

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2014

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2015

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016

今年もまたほとんど昨年のエントリーからのコピペになりはなはだ恐縮ですが、この企画に対する私の想いを以下に再掲しておきます。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Yearに対する私の想いは5年前に書いた「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Yearはファンド界の選抜総選挙だ」にあるとおりで、今もそれは変わっていません。すなわちこの企画のキモは、「優秀な」ファンドを選ぶのではなく、個々の投信ブロガーが持つ「想い」を投票するところにあるのだと私は理解しております。実際にこの企画にはあらかじめ定められた明確な選考基準は存在せず、それゆえに私自身も毎回異なる評価理由で投票を行っております。上記エントリーにも書いたとおり、「推しメン」ならぬ「推しファンド」に投票する投信界の選抜総選挙なのですから、過去の結果や、世間の常識や、他人の意見などを一切気にする必要はありません。「あんなファンドに投票しやがって」と批判を受ける筋合いも一切ないのです。ですから、もし現時点でまだ投票していない投信ブロガーがおられましたら、ぜひ積極的にご自分の「想い」を投票してください。実は私自身が記念すべき第1回目の開催を知りながら投票しなかったのは、「ハイリスク投機家の私がファンドを公平公正に評価できるのか?」との疑念がぬぐい去れなかったからです。しかし、今にして思えばそんなことを心配する必要など全然ありませんでした。政治の世界の選挙と同じで、投票しなければ何も動かないし何も変わりません。だからこそ、一人でも多くの投信ブロガーに投票をしていただきたいと願う次第です。

一昨年の2月に私は大腸ガン発覚という悪い意味での人生の転機を迎えました。おかげさまで手術後の経過は極めて順調で、今年9月末には5年間の経過観察措置の折り返し点となる2年半を無事通過することができました。そしてこのまま無事に東京五輪を迎えることができれば(正確には2020年3月末ですが)、晴れて私も無罪放免となるわけです。このように私の人生においてはガン発覚が転機となったわけですが、ファンド業界にとってはつみたてNISAが大きな転機となりそうですね。誰もがそう簡単には崩せないと思っていた(思い込んでいた)業界の厚い壁が、今まさに音を立ててガラガラと崩れつつあります。私自身投信ブロガーの端くれとして本アワードに参加させていただくことで、いわばファンド業界の「ベルリンの壁」が崩壊する現場に立ち会わせていただいているような高揚感を抑えきれません。ファンド業界にとって歴史的転換期となった今年は投票候補の選択肢も増え、多種多様なご意見が聞けそうですね。そういう意味でも今から年明け1月13日の結果発表が楽しみです。

(Sponsored Link)

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック