2018 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 06

確定拠出年金のスイッチングを実施

kage

2017/09/30 (Sat)

タイトルにあるとおり、このところすっかり月末月初の恒例行事となっている個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)のスイッチングを一昨日実施いたしましたので謹んでご報告申し上げます。このところのスイッチングは今年の日本株に見られる「1日は高い」というアノマリー(根拠のない経験則)に基づき、それなら為替も円安になりやすいのでは?と考えて月開け最初の営業日に売却注文が約定するよう指図を出す日を調整したのですが、前回だけは意識的に1日を避けました。その理由は9月1日が金曜日であったこと(一般的に週末は手じまい売りが出やすいため)と、為替や株価に大きな影響を及ぼす米雇用統計の発表当日であり、価格変動リスクが大きいと判断したためです。しかし実際に蓋を開けてみれば、あえて予断を挟まずいつもどおり1日に売却が約定するように指図を出していた方が結果的に良い結果(=より高く売れ、より安く買えた)が得られたはずでした。ですから今月は再び初心に立ち返り、下記画像にあるとおり月開け最初の営業日となる週明け月曜日(10月2日)に売却注文が約定するように指図を出しています。なお今回のスイッチングも内容自体はこれまでとまったく変わりはありません。具体的には今回もセレブライフ・ストーリー2055を取り崩してiFree 8資産バランスの購入に充てます。引き続き口数は非公開とさせていただきますが、今回もこれまでと同等の「お試し買い」のレベルです。過去のエントリーにたびたび書いているとおり、この「お試し買いレベル」で今後も継続してスイッチングを実施すると仮定すると完全移行まで3年近くもかかってしまう計算になるのですが、その間にもっと魅力的なスイッチング対象が登場する可能性も大いにありますので、引き続きブログネタ確保の観点からもこのペースを維持するつもりです。

スイッチング

さて、ここ1ヵ月間のSBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)に関する話題といえば、と書き出してはみたものの、正直なところこれといって思い当たるネタがありません。そこで今回は投資を巡る話題を思い付くままに書き連ねる単なる雑談となることをお許しください。

最近の投資を巡る話題の中で、皆さんの関心度が高いものといえばやはり来年からスタートするつみたてNISAではないでしょうか?現時点ではまだ正式な対象商品は明らかになっていませんが、販売者のネット証券や運用者の投信会社などがこぞってフライング気味にアピールを開始しています。裏を返せばそれだけ販売者・運用者のつみたてNISAに対する期待が高い証拠なのでしょう。魑魅魍魎が跋扈する金融業界においては、一般的に販売側のメリットは顧客のデメリットになるという悲しい現実があったのですが、つみたてNISAや個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)については使い方次第で顧客も大きなメリットを享受できますので、正直なところ「時代は変わったなぁ」という感想を強く持ちます。時代は変わったといえばコストもそうですよね。ほんの数年前までは超低コストの商品は確定拠出年金にしかなく、他の追随を許さない圧倒的なコスト競争力がありました。ところが現在では確定拠出年金向けの超低コスト商品が一般口座や特定口座でも普通に買えるのですから本当に良い時代になったものです。さらに来年から始まるつみたてNISAに向けて対象となる見込みの商品間ではさらなるコストダウン競争が繰り広げられており、もはやコスト面で確定拠出年金をうらやむ必要はまったくなくなったと考えて構わないでしょう。個人投資家にとって諸手を挙げて歓迎すべきこのような投資環境の変化が実現した背景には、言うまでもなく金融庁のたゆまぬ努力があったわけで、私も個人投資家の端くれとして厚く御礼申し上げます。

これから年末にかけて、つみたてNISAの話題はさらに盛り上がりを見せると思われますが、そうなるとつみたてNISAと個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)のどちらを選ぶべきか?と悩まれる方も増えるのではないでしょうか?ご承知のとおり両者は売却益や配当益が非課税という点では同じなのですが、それ以外は制度に大きな違いがあるため一概にどちらが有利とは断定できません(個々の条件により判断は変わります)。それでもあえて私から一言アドバイスすることをお許しいただけるなら、無理にどちらかを選ぶ必要はないのですよと申し上げたい。もしこれが現行NISAとつみたてNISAであれば間違いなく排他的な二者択一の選択が求められますが、選択肢がつみたてNISAと個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)であれば両方選ぶことも可能なのです。具体的には毎月1万円の積立投資予算があるのであれば、つみたてNISAに5千円、個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)に5千円でも全然構いません。そもそもそれぞれの枠(限度額)には使い切る義務などないのですから。ですからどちらか一方には決められないとかどちらにも魅力を感じるという方は、まず少額で両方始めてみるというのはいかがでしょうか?ただし個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)に関しては途中で止めることはできますが、それまでに拠出した資金については原則60歳まで引き出せない点には十分ご留意ください。

それでは私自身は来年以降どうするつもりなのか?と申しますと、まず個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)はこのまま継続の方針です。ですから引き続き月末月初には今回と同じタイトルのエントリー更新が続くことでしょう。そしてNISAに関しても現行NISAの利用を継続するつもりです。その理由は6月10日付の「NISAにまつわるエトセトラ」でも触れたロールオーバー(乗り換え)時の上限撤廃に大きな魅力を感じているからに他なりません。ご承知のとおり現行NISA制度は2023年に終了の予定ですので、その時点でつみたてNISAの口座開設を改めて検討すればいいと漠然と考えております。もっともこれから先もNISA制度全体が大きく変わることも十分に考えられますので、その時々で臨機応変に対応を考えることになるのでしょう。いずれにせよ私たち個人投資家としては常に情報収集を怠らず、自分にとって真にお得な制度を選んで将来の資産形成に生かしたいものですね。

(Sponsored Link)



関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック