2020 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 08

HSBC投信等評価額(2006.09.29現在)

kage

2006/09/30 (Sat)

応援します!で採り上げた元祖物言う株主・糸山英太郎氏とテレビ東京のバトルに関して、今週少し動きがありました。

<テレビ東京>大株主に出向かなかった番組担当幹部を処分

テレビ東京の菅谷定彦社長は28日の定例会見で、大株主の元衆院議員、糸山英太郎氏が会長兼社長を務めるゴルフ場運営会社がスポンサーとなった番組を巡り、担当の幹部社員が糸山氏にあいさつに出向かず「礼節を欠いた」などとして処分したことを明らかにした。

番組は昨年4月~今年3月に放送された「ゴルフスーパーバトル」。当時の営業局担当部長を戒告、担当専務と営業局長を厳重注意処分にした(19日付)。テレ東によると、糸山氏と会長兼社長を務める「新日本観光」は、テレ東の発行済み株式約5%(20日現在)を所有。日本経済新聞社に次ぐ、第2位の株主となっている。菅谷社長によると、先月30日に面会した際、糸山氏は「スポンサーなのに、部長以上が会いに来ないのはおかしい」と、番組内容に関する説明が不十分なことなどを指摘。さらに糸山氏は、契約のあり方にも不備があるなどとして、改善を求めたという。菅谷社長は会見で「糸山氏の問題提起には丁寧に答えていくが、他のことは是々非々で対応していきたい」と述べた。

糸山氏は自身のホームページで「菅谷社長の迅速かつ誠実な対応に感謝したい」としながら、「これは番組スポンサー新日本観光とテレビ東京との問題解決であって、テレビ東京株主、糸山英太郎を十分満足させるものではない」としている。(毎日新聞より)


人気blogランキングに参加しています 人気blogランキングへ 挨拶をせず礼節を欠いたから処分するって任侠の世界じゃないんだから、と思わず突っ込みを入れたくなる対応ですね。糸山氏が問題にしているのは、本来対等であるはずのテレビ局とスポンサーの関係がテレビ業界の悪しき慣習でスポンサーを軽視する傾向がいまだに強いという点なのだと思うのですが、テレビ東京の今回の対応からは「とりあえず枝だけ切っておこう」という意図が感じられます。既得権の壁を打ち壊すのはやはり簡単ではないようですね。

一方で今週はテレビ朝日の不祥事も明らかになっています。

テレビ朝日の番組制作で架空支払い、約5900万円の追徴課税

東京 28日 ロイター:テレビ朝日は28日、東京国税局の税務調査を受け、2005年3月期までの3年間に番組制作費の架空支払いが1億3750万円あったと指摘されたと発表した。その他の指摘事項と合わせ、法人税の更正対象額は約1億5500万円。同国税局は重加算税を含め約5900万円を追徴課税した。

東京国税局から指摘を受けたのは、02年4月から05年3月までに放送された7番組。また、テレビ朝日の社内調査によると、05年4月に放送された番組でも制作費2000万円の架空支払いが見つかったという。8つの番組はすべて1人のプロデューサーが担当し、複数の制作会社に対して実態が確認できない制作費を支払っていた。同プロデューサーは、29日付で懲戒解雇される。併せて同社は、会長と社長、専務の給与を3カ月間20%減俸するなどの社内処分も発表した。


これなど岐阜県の裏金作りと同じですよね。このような不正はもちろん大いに非難されるべきですが、3年に渡って行われていた不正を国税局に指摘されるまで分からなかったというところに既得権に守られた組織の問題を感じます。テレビ業界最大の悪しき習慣として視聴率至上主義が挙げられますが、視聴率さえ取れれば何をしても良いという風潮があるために視聴率が稼げるプロデューサーに対してはどうしてもチェックがが甘くなってしまうのでしょう。以前、テレビ業界の申し子ともいえるテリー伊藤氏が視聴率至上主義の一例として台風中継を挙げていました。大きな台風が接近すると各局とも現地にレポーターを出して中継を行いますが、業界ではその見栄えを最も重要視するらしく、迫力のない中継をすると「ライバル局のレポーターはもっとびしょ濡れで今にも風に飛ばされそうだったぞ」と言って怒られるそうです。テレビ業界は本当にこれで良いのか、私はその将来を深く憂います。

さて、今週の私のポートフォリオは欧米、中国、インドとも堅調という理想的な環境にも恵まれ、含み益が一気に増加しました。

HSBC043

懸念していた原油価格も一旦は反発に向かっており、そのお陰かブラジルオープンの基準価額も半分売却した時点のレベルまで戻ってきました。しかしこのまま原油価格が反発を続けるのかというと、現時点では何ともいえません。これからの数カ月間は原油価格の動向だけでなく、ブラジルの大統領選挙、アメリカの中間選挙など政治的な不安定要素も控えていますので、どんな状況になっても臨機応変に対応できる態勢だけは整えておこうと思います。

プロの投資コラム、チャートなど【無料】で投資情報を提供!

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック