2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2017/07/15 (Sat)

今月もまたご報告が大変遅くなってしまいましたが、7月12日(水)はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 16,612 円 (先月より95円上昇)
●約定価額 : 42,547 円 (先月より652円上昇)
●騰落率 : +156.1% (先月より2.5%改善)


7月1日付エントリー「ひふみ投信 Ver.2.0」の中で私はひふみ投信が組み入れた米国株について「こうなると具体的な組み入れ銘柄名が気になるところですが、とりあえずは6月度の月報(ひふみのあゆみ)が発行されるのを楽しみに待ちたいと思います。」と書いておりました。そして実際に発行された6月度の月報(ひふみのあゆみ)において、組入比率トップ10の中にいきなりマイクロソフト(3位)とアマゾン・ドット・コム(7位)がランクインしたことは受益者の皆さんならすでにご承知のとおりです。今回の米国株組み入れの目的があくまでも日本の超大型株への投資の代替という位置付けであることを考えれば、ある程度名前が知られた企業が選ばれるであろうとは私も想像していたのですが、まさか「業界のガリバー」ともいえる両社になるとは正直なところ少々意外でした。この銘柄選択を受けてネット上では「何で今さらこの2社なのか?」との疑問の声も聞こえてきます。実は過去にも組み入れ比率上位にいきなりソニーがランクインしてきた時や、直近では任天堂の名前が現れた時などに同様の反応を目にしました。しかしいずれの事例においてもその後の株価推移が銘柄選択の正しさを証明してくれました。ですから今回の米国株組み入れにしても先入観で是非を論じるのではなく、今後の株価推移を見て評価すべきというのが私の意見です。それに株式投資においては市場参加者のさまざまな思惑が株価形成に影響を与えますので、誰もが納得する銘柄より「何で今さらこの銘柄なのか?」と思われる選択の方が往々にして成功したりしますからね。

ひふみ投信の過去1ヵ月における基準価額はほぼ横ばいの動きでしたが、資産形成応援団応援金は着実に積み上がり現時点で800円を超えてきました。約2ヵ月半後の10月1日にひふみ投信は設定9周年を迎えますが、さらに1年後の10年目からは資産形成応援団応援金の付与率が2倍の0.4%に上がります。それを今から楽しみにしている私は少々気が早いでしょうか?しかしとうの昔に人生の折り返し点を過ぎた身にしてみれば、1年などアッと言う間に過ぎ去ってしまいますからね。

応援金

NISA口座で保有するひふみプラスの方も順調に損益率が+40%を超えてきました。また昨年末に帳尻合わせで購入したiFree日経225インデックスも日経平均株価2万円台維持を背景に損益率は+5%に迫っています。とはいえ昨夜の為替市場では米国の経済指標が市場予想に届かなかったことから一気に円高ドル安が進行していますので、三連休開けの日本株は少々波乱含みの展開になるかも知れませんね。

ひふみプラス

NISA投資本命の個別株投資はおかげさまで一昨年投資銘柄も何とか黒字回復を果たしてくれました。これによりいまだに赤字なのはNEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信(1343)のみになっています。しかしながらこの赤字が大問題で、ご覧のとおり損益率が-10.02%と2桁のマイナスに沈み込むという由々しき事態に陥っているのです。昨年末のNISA枠駆け込み消化の際に私がREIT-ETFを選んだ理由は「日銀が買ってくれるから大崩れはしないだろう」という安易な考えからだったでした。それが今になっていかに甘かったかを痛感させられています。このような状況になるといわゆる「難平(ナンピン)買い」を発動したい欲求に駆られるのですが、「落ちてくるナイフは掴むな」が相場の大原則ですのでとりあえずは底を確認するまで安易に動いてはいけないと自らを戒めているところです。

NISA

SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)で保有しているひふみ年金の損益率は7月2日付のエントリー「確定拠出年金のスイッチングを実施」時点の+18.7%から現在はご覧のとおり+19.9%にまで改善しています。先月の定時報告で私は「ひふみ年金も目先はジリ貧状態が続いていますので、もしもこのまま低迷が続くようなら月末の定期スイッチングで久しぶりに買い増してもいいかな?と思っています。」と書いておりました。しかしその後、幸か不幸かジリ貧状態からは脱却できたようですので結果的に買い増しは行っておりません。ただ今後とも外部環境の悪化による運用成績低迷局面においてはいつでも追加投資を発動できる準備だけは整えておくつもりです。

ひふみ年金

今回は最後に運用には直接関係のない話題をひとつ。ひふみ投信の受益者の皆さんには運用元のレオス・キャピタルワークス社からメールで「マイナンバーご提供のお願い」が届いていることと思います。私宛にも3日前の7月12日に届き、このブログを更新する前に手続きを済ませました。過去のエントリーでも何度か触れたとおり、現行法制においては投資を継続したいのならマイナンバーの提供を拒否するという選択肢はありません。特にレオス社でNISA口座を開設している受益者の場合は、9月末までにマイナンバーの提供を行わないと来年からNISA口座が利用できなくなる恐れがありますのでくれぐれもご注意ください。

私は過去に何度かネットを経由したマイナンバーの提供を行っていますので、今回も深く考えることなく説明のページも読まずに作業を終了しました。操作の途中で特にエラー表示が出ることもありませんでしたので何の不安もなかったのですが、一応念のためにと考えて遅ればせながら操作説明のページを確認したところ、自分が大きなミスを犯していることに気付きました。それはズバリ個人番号通知カードの裏面画像の添付が必須だったこと。確かに別途発行を申請する写真付きのマイナンバーカードの場合は裏面にマイナンバーが印字されていますので裏面画像の添付は必須ですが、まさか表面にマイナンバーが印字されている個人番号通知カードでも裏面画像添付が必要だったとは!実際にこれまでの経験で私は裏面の画像添付を求められたことがありませんでしたので、画面に画像添付欄が2つあることに少々疑問を抱きながらもそのままスルーしてしまったのです。そこであわてて書類の束から個人番号通知カードを発掘して改めて裏面をスキャニングして再度提供作業をやり直しました。もしこれからレオス社にマイナンバーの提供を行う場合は、くれぐれも裏面画像の添付をお忘れなく。

しかし個人番号通知カードの裏面をスキャニングをしながらふと思ったのですが、私の場合は裏面に一切の記載がないためこれでは表と裏の関連付けは不可能ですよね?だったら運転免許証と同じように「裏面に記載がある場合は画像の添付が必要」でよかったのではないでしょうか?今回の失敗は事前に操作説明を読まなかった私の不注意に原因があることは重々承知しておりますが、結果的に無意味と思われる作業(記載のない裏面をスキャニングして添付する)を強いられたわけで、ここには改善の余地があると私は考えます。ただでさえカンブリア宮殿効果で口座開設作業に多忙を極めているところにマイナンバーの確認作業が加わるのですから、従業員の工数をできるだけ削減する意味でも「個人番号通知カードの裏面に記載がない場合は画像の添付は不要」に今からでもルールを改めてはいかがでしょうか?

(Sponsored Link)



関連記事

この記事へのコメント

kage

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Posted at 18:57:48 2017/07/29 by

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック