2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

確定拠出年金のスイッチングを実施

kage

2017/04/29 (Sat)

タイトルにあるとおり、今月の最終営業日であった昨日4月28日(金)に個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)のスイッチングを実施いたしましたので謹んでご報告申し上げます。今回のスイッチングも月末月初に行うという「マイ・ルール」に則ったもので、その内容は下記のとおり前回(先月)とまったく変わりはありません。具体的には今回もセレブライフ・ストーリー2055を取り崩してiFree 8資産バランスの購入に充てます。引き続き口数は非公開とさせていただきますが、今回も前回と同等の「お試し買い」のレベルです。この「お試し買いレベル」で今後も継続してスイッチングを実施すると仮定すると完全移行まで3年以上もかかってしまう計算になるのですが、その間にもっと魅力的なスイッチング対象が登場する可能性も大いにありますので、当面はブログネタ確保の観点からもこのペースを維持するつもりです。

スイッチング

前回(先月)と同様に受付番号の下にまだ「取消」ボタンが表示されていることからお分かりのとおり、今回の指図も無理をして昨日に出す必要は全く無く、今日でも明日でも結果は同じ(週明け5月1日の指図執行)でした。私としては28日の指図執行を期待して早朝に指図を出したのですが、結果的に無駄な努力でした。それでもセレブライフ・ストーリー2055の売却は何とか連休前の5月2日に完了するようでホッと一安心です。ご承知のとおり日本はゴールデン・ウィークでも海外市場は普通に取引が行われるため、この間に大きな外部環境変化があると精神衛生上も良くありませんので。それでもスイッチングの途中に連休が入ることからiFree 8資産バランスの買い付け実施は5月15日(月)までずれ込み、この間の価格変動リスクが高まることは否定できませんが。とはいえこのスケジュールを自力で短縮することはできませんので、スイッチングの指図が確定した後は運を天に任せるにみです。

SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)関連の話題といえば、加入者サイトのお知らせ欄に4月17日付で突然「事務委託先金融機関手数料の誤徴収について」と題する衝撃的な情報が掲載され、不安を感じた加入者も多かったのではないでしょうか?(もちろん私もその一人です。)取り急ぎそのお知らせ内容を確認してみたところ、データ処理時の不手際により事務委託先金融機関に支払う事務委託手数料が二重徴収されたことが分かりました。ちなみに私が毎月支払っている個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)関連手数料は国民年金基金連合会に支払う国基連手数料103円と事務委託先金融機関に支払う事務委託手数料64円の合計167円です。常識的に考えればこの事務委託手数料64円が二重徴収され、その分今月の拠出額が減ってしまったと理解するのが順当と思えるのですが、現実は違っていました。実際には二度目の徴収(誤徴収)は拠出がない状態と見なされ、保有資産を売却することで充当されてしまったのです。いくら金額が小さく、結果的に誤徴収の影響は微々たるものであるとはいえ、これは加入者の意思に関係なく勝手に保有資産の売却が行われたわけで、看過できない大問題でしょう。運用元のSBIベネフィット・システムズには早急な再発防止策の徹底をお願いしたいところですね。

今回の問題は手数料の誤徴収でしたので、当然のことながらその分は私たちの資産に戻されることになりました。しかしここで新たな問題が発生します。具体的には売却元が投資信託などの元本変動型商品であった場合、売却時と買付時の価格差により加入者が不利益を被る可能性が出てくるわけです。このため、買い戻しは金額ではなく口数を合わせる形で行われるとのこと。私の場合、現時点で誤って売却された資産の買い戻しはすべて完了していますが、SBIベネフィット・システムズは週明け5月1日に改めて口数に不足がないか?の検証を行う予定で、不足があった場合は改めて買い戻しが実行されるそうです。これにより今回の問題は一応の決着を見ることになるわけですが、このせいで今月の取引履歴は数円単位の取引で埋め尽くされることになりました。いくら問題が解決したとはいえ、これはとても笑えない冗談のようなものであり、繰り返しになりますが運用元のSBIベネフィット・システムズには早急な再発防止策の徹底をお願いしたいところです。

(Sponsored Link)



関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック