2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

確定拠出年金のスイッチングを実施

kage

2016/11/03 (Thu)

前回のスイッチングからまだ半月あまりしか経過しておりませんが、当初の計画を遵守して確定拠出年金のスイッチングを実施しましたので謹んでご報告させていただきます。ちなみに今回のスイッチングは月初の11月1日にスイッチングの指図(発注)を行い、昨日(11月2日)それが執行されました。当初計画では毎月末の実施となっておりましたが、正直なところ月が変わってから思い出して慌てて指図を出した次第です。つまり、厳密には当初の計画を遵守できていないことになりますね。なお今回実施したスイッチングの内容は下記のとおりです。

1.残っていたSBI TOPIX100・インデックスファンド<DC年金>のすべて(当初保有額の1/5相当)を三井住友DC日本株式インデックスファンドSにスイッチ。
2.わずかに保有しているEXE-i グローバルREITファンドを三井住友DC外国リートインデックスファンドにスイッチ。


1.については当初の計画通り、5ヵ月かけて保有していたSBI TOPIX100・インデックスファンド<DC年金>をすべて売り切りました。これで国内株式クラスのベンチマークは完全にTOPIXとなります。2.については前回のスイッチングで完了していたはずなのですが、なぜか口座に再びEXE-i グローバルREITファンドが現れたため実施しました。もちろんこれには明確な理由があります。実は先月切り替えた新たな拠出配分の適用が今月からとなるため、前回のスイッチング後に以前の配分で拠出が実施され口座にEXE-i グローバルREITファンドが現れたのです(以前の拠出配分では5%をEXE-i グローバルREITファンドに割り当てておりましたので)。このためEXE-i グローバルREITファンドは、買ってすぐにスイッチングというドタバタ劇を演じる結果になってしまいました。

下記画像の中身は上記スイッチング内容とまったく同じですが、本当に実施した証拠として念のために貼り付けておきます(引き続き口数は非公開とさせていただきます)。

SBI_DC01

そしてこちらが上記1.の明細です。【取引スケジュール】をご覧いただければお分かりのとおり、昨日(11月2日)にSBI TOPIX100・インデックスファンド<DC年金>の売却が完了し、11月8日に三井住友DC日本株式インデックスファンドSの買い付けが実施される予定です。ご承知のとおり昨日は日経平均株価が300円を超える大幅下落となりましたので、「当初計画通りに月末に指図を出していればもっと高く売れたのに」と後悔の念を禁じ得ません。とはいえそもそも指図当日のスイッチング実施はできないのですから、この後悔はするだけ無駄というものです。指図が遅れて得をするケースだってありますので、損をしたのはあくまでも結果論に過ぎません。それに指図の遅れにより買い付け実施日が奇しくも米大統領選挙当日の11月8日となりましたので、いわゆる「トランプ・リスク」の高まりでもっともっと安く買える可能性もありますしね。

SBI_DC02

次にこちらが上記2.の明細です。ご覧のとおり外貨建て資産を組み入れているため売却と購入の日程が1.よりそれぞれ1日余計にかかります。これにより売却日は昨日よりもっと安くなりそうな週明け月曜日(11月4日)となり、購入日はヒラリー・クリントン氏が米大統領に決まって大幅高になっているかも知れない11月10日となりました。反対にドナルド・トランプ大統領誕生となれば大暴落の中、バーゲン・ハンティングができる可能性もありますが。いずれにせよこちらの金額は微々たるものですので、2.の結果が私の確定拠出年金運用に与える影響はゼロに等しいと考えてまず間違いはないでしょう。

SBI_DC03

以上で当初計画した5回(5ヵ月)分割スイッチングはすべて完了しました。このため今月末のスイッチングは今のところ予定しておりません。ただし米大統領選挙の結果が世界経済に大きな波乱をもたらしたり、SBI証券がさらに魅力的な商品を投入してくるようならまた話は変わってきます。いずれにせよまた行動を起こす時には改めてご報告させていただくつもりです。

(Sponsored Link)



関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック