2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

今年のNISA投資 第三弾発動

kage

2016/04/29 (Fri)

タイトルにあるとおり、昨日今年のNISA投資第三弾を発動いたしましたので謹んでご報告させていただきます。実のところ昨日の午前中まで今回の発動はまったく考えていなかったのですが、お昼休み中に日銀金融政策決定会合の結果が現状維持(=追加緩和なし)だったことを受けて日経平均先物が暴落しているのを見て急遽発動を決断した次第です。ちなみに今回の発注内容も第一弾・第二弾とまったく同様の「ひふみプラス10万円也」です。

SBI

こちらのエントリーで私は“ひふみプラスの基準価額がなかなか下がらないので、もし4月27日・28日の日銀金融政策決定会合でマイナス金利拡大が決定されてメガバンク株が再度売り直されるようなら「今年のNISA投資第三弾」のターゲット(投資対象)をメガバンク株に変更するかも知れません。”と書いておりましたが、結局今回も引き続きひふみプラスを選びました。昨日の午後はメガバンク株も売り込まれていたのですが、追加緩和があってもなくても売られるのならまだこれからさらに安く買える場面があるのではないか?と考えたことがその理由です。

第一弾と第二弾の発動報告にも書いたとおり、ひふみプラスは外国株の組み入れも可能な「国際型」であるため昨日の発注でも約定は翌営業日(=週明け月曜日)となります。その5月2日(月)はカレンダーをご覧いただければお分かりのとおり大型連休の谷間で一般的には買いにくい日とされます。ハイリスク投機家を自認する私としては思い切り逆張りでその買いにくい日に買ってやろうと考えたことも今回の発動に至ったひとつの理由でありました。ですから5月2日(月)に限ってはさらなる暴落も大歓迎です。もっとも買いにくい日は往々にして商いが薄い(=売買高が少ない)ため、暴落もあれば暴騰もあり得るので今回の発動が「押し目買い」になるのか?はたまた「高値掴み」になるのかは当日になってみなければ分かりません。さらには例え目論見通りに「押し目買い」になったとしてもそのままズルズルと値下がりを続けて今回の発動が最悪のタイミングになる可能性も十分にありますしね。結局のところ「将来の値動きは誰にも分からないのだから投資タイミングを悩むだけ無駄」という相場の真理に行き着くわけです。

例え無駄とは分かっていても第一弾・第二弾発動時のように市場で明らかに悲観が行き過ぎていうような状況で第三弾も発動できれば理想的だったのですが、それを待っていてはなかなか機会が訪れないようにも思えたため今回の決断に至りました。これまで私は「年後半は弱い」という相場シナリオを前提にNISA投資発動タイミングを考えてきましたが、現状では原油価格が回復基調にあり中国経済も底入れの兆しが見えてきましたので、今年のNISA投資枠の大半を年後半に持ち越すことはそれはそれでリスクが大きいのでは?とも思えてきました。こんな事なら最初から枠いっぱいの120万円を一括投資するか毎月10万円ずつ積み立て投資していれば良かったのです。繰り返しになりますが「投資タイミングを悩むだけ無駄」というのが相場の真理なのですから。しかしそんなことを今さら後悔しても仕方ありませんので、今後は第四弾の発動タイミングについて大いに悩みたいと思います。

(Sponsored Link)

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック