2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2016/01/17 (Sun)

またもや報告が大変遅れてしまいましたが、1月13日(水)はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 15,000円 (先月より91円上昇)
●約定価額 : 32,724円 (先月より635円上昇)
●騰落率 : +118.2% (先月より5.6%悪化)


新年一発目のエントリー「資産運用の現実」で私は「新年を迎えた世界市場はまたぞろ中国発の世界同時株安の様相を呈しており、私の脳裏には昨年夏の悪夢が鮮明に蘇りつつあります」と書いておりましたが皆さんご承知のとおりその後も投資環境の悪化は続き、今では完全に昨年夏の悪夢が再来してしまった感を強くしています。金曜日の米国株式市場は大幅下落で終わっていますので明日月曜日の日本株も日経平均株価の1万7千円割れは必至で、中小型株や新興株にとっても厳しい状況になることが予想されます。今月の約定日前日の1月12日にはひふみ投信の基準価額が1,000円以上の下落となり運用元のレオス社から緊急レポートが出される事態となったのですが、明日月曜日にも再び緊急レポートが出ることを私たち受益者も覚悟しておく必要があるのかも知れませんね。過去の経験則では相場環境がこれほど悪化してしまった以上はいわゆる「投げ売り」が出てチャートが大きな谷を形成しなければ反転は困難ですので、ひふみ投信にとってもまだしばらくは我慢の局面が続くと思われます。ただし相場の世界においてはピンチはチャンスであることもまた事実ですので、緊急レポートにあったように今こそ素晴らしい会社の株を安く購入できるチャンスであると捉えて運用チームの皆さまにはこの厳しい相場環境を乗り切っていただきたいと思っております。

厳しい相場環境が続いて基準価額は下がっても資産形成応援団応援金の方はご覧のとおり着実に積み上がっています。裏を返せば基準価額が下がっても信託報酬などのコストもまた着実に私たちの資産から差し引かれていくわけで、そこにコストには徹底的にこだわるべき理由があるのですが。

応援金

NISA枠の端数分を投資したひふみプラスも相場環境悪化の影響を受け損益率は先月の+20%から+14%台にまで低下してしまいました。それでもまだプラスであるだけありがたいと思うべきなのかも知れませんが。

ひふみプラス

NISA投資本命の個別株も当然のことながら相場環境悪化の直撃を免れませんでした。それでも一昨年に買ったドリームインキュベータはまだ黒字を維持しているだけマシなのですが、昨年買った銘柄はご覧のとおり損益率が-16%に迫るほどの惨状になっています。

NISA

ドリームインキュベータといえば12月末時点のひふみ投信組入上位10銘柄においてようやく8位にランクインしてきました。その代わりに先月ランクインしたGMOインターネットはランク外に転落してしまいましたが。この両銘柄は私の保有株の中で現時点でも黒字を維持している頼もしい存在ですので、相場が落ち着いた暁にはひふみ投信の基準価額上昇に大いに貢献してくれるものと期待しております。

組入上位10銘柄

年初来からの思いがけない世界同時株安の直撃をうけてひふみ投信の基準価額も下落しており、先行きを不安に思っている受益者もたくさんおられることでしょう。もちろん私もその一人であることは間違いないのですが、正直なところ私はそれほど深刻には受け止めていません。それは私がひふみ投信の軌跡(=過去の実績)を知っているからです。下記はひふみ投信の月報(ひふみのあゆみ)からお借りしてきたひふみ投信設定来の基準価額推移ですが、もし明日月曜日の基準価額が大幅に下落して昨年夏のように3万円を割り込んでも客観的に見ればまだ高値圏にあり、まだまだ将来を悲観するような状況にあるとは私には到底思えません。

ひふみ投信基準価額推移

ご覧のとおりひふみ投信の基準価額はここまで順調に上昇を続けてきたわけではなく、何度も何度も今回のような株価急落の洗礼を受けてその都度チャート上では大きな谷を形成しています。それでもその後は必ず「リベンジ」を達成して現在の高値圏まで上ってきました。もちろん相場の世界においては「過去の実績は未来を保証しない」が真理なのですが、それでも未来を予測するためのひとつの参考にはなると思います。私はこれまでもそうだったようにこれからのひふみ投信もやられたままでは終わらない(=必ずリベンジを果たしてくれる)と信じて積み立て投資を継続していくつもりです。

(Sponsored Link)

ひふみ投信

関連記事

この記事へのコメント

kage

ダンサーさんこんにちわ、小心者でございます。
想像もしない下落で、たぶん誰も逃げられなかったですね。
こんなとき、いつも考えます。そう遠くない日に、戻す日があるか。あるなら安いときは買って置かねばならない。
また、更なるパニックがあるか、あるならある程度は売って買い直せないか。
しかしこれはなかなかうまく行きません。結局、信頼できる運用チームに任せるのも手段ですね。

Posted at 13:44:37 2016/01/20 by 小心者

この記事へのコメント

kage

小心者さん

コメントありがとうございます。

昨年末に大胆にリスク縮小を実行した私ですが連日の株価下落でさすがにストレスが増してきました。その影響で書きたいネタはあるのにブログを更新する気力もありません。

現在の投資家心理は「いくら安くてもとても買えない」というものだと思いますが、そんな中でも今日は積み立て投資を継続しているセゾン投信の買い付けが淡々と行われます。結局のところ投資においては可能な限り投資家心理の影響を排除した方が良い結果が得られるような気がします。

Posted at 07:33:47 2016/01/21 by おやじダンサー

この記事へのコメント

kage

こんにちわ。

きょうくらいはと思えばまた大幅下落。闇は深いですね。
にしても、ダンサーさんは気取りがなくて好感が持てますね。
投資家なんて右も左も達人気取りみたいのが多くてウンザリしますが素直に悲嘆するのも悪くはないと思います。
私は大きなお宮さんにお参りに行こうと思います。

では、どうぞご自愛されつつの投資生活をお祈りします。
市場が一度ぽしゃったら時間で勝つしかありませんからね。
今後もこっそりと見させていただきます。

Posted at 16:37:59 2016/01/21 by 小心者

この記事へのコメント

kage

小心者さん

コメントありがとうございます。

今般の世界同時株安も目先の底を付けた可能性が出てきましたので今日は久しぶりにブログの更新ができました。相場の先行きはまだまだ楽観できませんが私の健康のためにも何とか落ち着いて欲しいと願っております。

Posted at 10:20:28 2016/01/23 by おやじダンサー

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック