2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2015/11/28 (Sat)

ご報告が大変遅れてしまいましたが、11月24日(火)はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 9,008円 (先月比30円上昇)
●約定価額 : 13,569円 (先月比201円上昇)
●騰落率 : +50.5% (先月比1.8%改善)


まず始めにご報告が遅れた言い訳をさせてください。年末が近付いてきたこともあり今週は超多忙で、正直なところ「ブログを書く時間があるなら体を休めたい」という状況にまで追い込まれていました(ちなみに今日も休日出勤でありました)。そしてこの状況をさらに困難なものにさせたのが他ならぬ抗ガン剤です。何故なら帰宅が遅くなると抗ガン剤の食事禁止時間に突入してしまい、午後11時過ぎまで夕食を食べられないという事態に陥ってしまうのですから。それならいっそのこと夕食を抜いてしまうという選択肢もあるのでしょうが、そうすると今度は糖尿病の薬が飲めなくなるというジレンマに陥ってしまうのです。さらに今週はほぼ連日このような「窮地」に陥っていたため、さすがに毎日夕食抜きでは体が保ちません。抗ガン剤治療のせいで不規則な生活が続くというのは本末転倒のような気もしますが、このような「縛り」も今日を含めてあと5日を残すのみとなりましたので、「今が我慢のしどころだ」と思って乗り切りたいと気持ちを新たにしております。

言い訳が長くなってしまいましたが、このような状況であったためなかなかブログ更新の時間が取れませんでした(もっと正確に表現するならばブログを更新する意欲が極度に減退しておりました)。ちなみに冒頭でご報告している数値だけは11月25日(水)の朝に書き換えておりました(ですからこの指数は11月25日朝時点のものです)。しかしそれから今日までは一文字も書き加えることなく、ずっと下書き状態が続いていたのです。なお現時点の基準価額は今月の約定価額より低い13,538円となっておりますので、結果的に騰落率(=私個人の運用成績)もこれよりわずかに悪化しているはずです。もっともわずか2ヵ月前の約定価額が13,000円を割り込んだ12,924円だったことを思えば、「よくぞここまで戻ってきてくれた」と深く感謝すべきなのかも知れませんが。

結局のところセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドをコツコツと積み立てる最大のメリットは現在の私のように超多忙でもまったく手間を掛けずに投資が継続できることですね。ハイリスク投機家を自認する私は短期売買が大好きですが、さすがに今週はほとんど実行できませんでした(注文を入れて放置しておいたものがいくつか約定した程度です)。そのような状況でもセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの基準価額は今般の「世界同時株安」から一歩ずつ着実に回復を続け、騰落率(=私個人の運用成績)も再び50%を回復することができました。将来の値動きは誰にも分かりませんが、もし12月に市場予想どおりにFRBが利上げに踏み切り、ECBが追加緩和に踏み切れば、相場はまた大きく動き出すのかも知れません。さらにサプライズ演出好きの日銀黒田総裁も追加緩和に踏み切れば日本株はおそらくお祭り騒ぎになるでしょう。しかしバランスファンドのコツコツ積み立て投資ならこのような相場の予想はまったく不要です。もし市場がお祭り騒ぎになって基準価額が暴騰すれば含み益が増えたことに感謝し、反対に市場が失望して再び世界同時株安になれば安くたくさん買えることに感謝すればいいのです。短期売買大好き人間の私ですがこのセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドに限ってはセゾン投信設立時からただ淡々と定期積み立て投資を続けてきただけです。それから現在までの間にはリーマンショックや東日本大震災などの紆余曲折がありましたが、現時点の騰落率+50%超という結果に私は十分に満足しております。バランスファンドを毎月コツコツと買い続けても一攫千金は狙えませんが、資産形成のためには間違いなく有力な選択肢になり得るといえるのではないでしょうか?私自身は例外ですが、大多数の人々にとっては投資に悩む時間があるのなら他のこと(例えば趣味とか)に振り向けた方が人生は充実するはずなのですから。

(Sponsored Link)



関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック