2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

術後補助化学療法 第6クール開始

kage

2015/11/04 (Wed)

ちょうど一週間前に書いた「術後補助化学療法 第5クール終了」でご報告したとおり、私は10月28日(水)に抗ガン剤治療を一旦終え、翌10月29日(木)から本日11月4日(水)までは休薬期間に入っておりました。この間はピンポイントで1日3回決められた抗ガン剤の服用時刻に縛られることなく、「普通の生活」を思い切り謳歌しておりました。しかし明日からはまた制約だらけの抗ガン剤治療期間に突入します。今私は改めて「普通の生活」ができることがどれほどありがたいことなのかを痛感しております。ただ「術後補助化学療法 第5クール終了」でご報告したとおり、明日から始まる術後補助化学療法第6クールは「良くも悪くも(泣いても笑っても)」これが最後となりますので、今回もパーフェクト(飲み忘れなし)を目標に掲げてスケジュール管理に取り組む覚悟です。

下記が明日からまたお世話になる「ユーエフティー+ユーゼル」です。長い間本当にお世話になりました。最終クールも引き続きよろしくお願いいたします。

UFT

この薬が半年間私の生活を縛りながらもガンの再発を抑えてくれていたのですが、あと28日間でお別れかと思うと不思議なもので一抹の寂しさを覚えますね。

本来なら今日が術後補助化学療法第6クールの開始を判断するための通院日だったのですが、「術後補助化学療法 第5クール終了」でご報告したとおりどうしても都合が付かず病院に無理を言って10月31日(土)に予約を変更してもらっておりました。予定通り明日から術後補助化学療法第6クールが始まるということは、10月31日(土)の検査で目立った副作用とガン再発の兆候が見られなかったということを意味します。抗ガン剤治療中は日々再発の恐怖との戦いになりますので、これは本当にありがたいことです。ご参考までに以下に今回の腫瘍マーカーの数値を貼り付けておきましょう。

腫瘍マーカー

ご覧のとおり「53.CEA」と「54.CA19-9」の双方とも基準値以下となっております。なお腫瘍マーカーについては9月8日付のエントリー「腫瘍マーカー」をご参照ください。また私の過去の数値については「術後補助化学療法 第5クール開始」に掲載しております。

今回で「ユーエフティー+ユーゼル療法」が終了ということは、薬剤費の高額支払いも今回が最後になるということですね。こちらは経済面で大変ありがたいです。ご参考までに私の6月と7月の医療費を特別に公開しましょう。

医療費

6月は抗ガン剤治療の継続を判断するための外科外来診療と「ユーエフティー+ユーゼル」の費用のみです。そして7月はそれに糖尿病の薬をもらうための内科外来診療が加わっています。ご覧のとおり「ユーエフティー+ユーゼル」28日分で自己負担額が7万円を超えてしまいますので、毎月の経済的負担はバカになりません。

ただしこの医療費と薬剤費は高額療養費制度の対象になります。そこでこちらも特別に私の7月分の還付額を公開しましょう。

高額療養費

ご覧のとおり7月の自己負担額6,177円+71,517円=77,694円の内、37,926円が戻ってきます。結果的に7月の自己負担額は4万円弱となるわけですね。これを多いと見るか少ないと見るかは人により判断が分かれるところですが、ガン保険や医療保険の加入を検討される際のご参考にしていただければ幸いです。ただし高額療養費制度は収入によって還付額が変わってきますのでご注意ください(詳しくは9月10日付のエントリー「高額療養費制度」をご参照ください)。

それではこれから明朝6:00に目覚ましのアラームをセットして就寝することにします。お休みなさい。

(Sponsored Link)

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック