2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

糖尿病は辛いよ

kage

2015/09/07 (Mon)

これまではずっとガンについて語ってきましたが今回は一転して糖尿病の話題です。実は私、今回の健康診断で糖尿病であることも発覚していました。どれだけ不摂生と運動不足を続けていたのか、という話ですよね。少なくともガンと同様に、この乱れた生活習慣が糖尿病の原因となったことは間違いないと思っています。そしてこれがガンの治療を一段と困難なものにしてしまったのです。その理由は糖尿病だと手術が受けられないこと。具体的には血糖値が高いと手術による傷の治りが悪くなり、加えて合併症のリスクも高まるため、そのままでは手術を受けることができないのです。このため私は、手術を受けるため可及的速やかに血糖値を下げることが必要になりました。そこで糖尿病担当の内科医からは「背に腹は代えられないのでインスリン注射を使いましょう」と提案されました。糖尿病と無縁の方でも一度はインスリンという単語を聞いたことがあるのではないでしょうか?インスリンとは血糖値を下げるホルモンの一種で、その分泌量が減るとか働きが弱まるとか処理能力を超える暴飲暴食を繰り返すことで糖尿病が発症する可能性が高まります。そしてインスリン注射は先天的にインスリンの分泌に異常がある1型糖尿病患者や後天的糖尿病である2型患者でも重症化した場合に使われる治療法です。不摂生と運動不足が原因で糖尿病になった私は2型に分類され通常なら飲み薬で治療を始めるのですが、大腸ガン手術という最優先課題に対処するためいきなりインスリン注射を始めることになりました。

インスリン注射は基本的に患者が自分で自分に行います。そのことは糖尿病に関する知識がほとんどない私でも知っていました。だからこそ医師からインスリン注射を提案された時は正直「これは大変なことになった」と少々焦りました。自分で自分に注射するなんて本当にできるのだろうか?と不安だったのです。しかしそこは「案ずるより産むが易し」でした。なぜなら注射用の器具がとても扱いやすいように工夫されていたため、治療初日から(説明書を見ながらではありましたが)正しく簡単に注射をすることができましたので。この注射器が使いやすい理由は色々とあるのですが、私が特にありがたく感じたのは毎回先端に取り付ける針(使い捨てになっています)が例の「痛くない針」になっていることでした。具体的には針が極めて細いため、体に刺してもほとんど痛みを感じないのです。私は改めてこの日本が世界に誇る技術に深く感謝しました。ただし実際には毎回無痛というわけにもいきませんでした。注射する位置がたまたま痛点(痛みを感じる部分)の近くだと「チクリ」と痛みを感じるのです。私自身の実体験ではその確率は約1/10(10回に1回)くらいでしたが。

インスリン注射の苦労は実際のところ注射前に行う血糖値測定の方にあるのかも知れません。インスリン注射を行う患者には毎回注射前に自分で採血して血糖値の測定・記録を行うことが義務付けられているのです。その採血方法とは、特殊な器具を使って指先に針を打ち込む形になっているのですが、こちらは確実に血を出さなければならないため「痛くない針」は使えません。それどころか「特別に痛い針」と呼びたくなるような太い針が使われているのです。

このように色々と手間のかかるインスリン注射でしたが、私は血糖値を下げなければ手術ができないという深刻な事態に直面して毎日4回(毎食事前+就寝前)淡々と同じ手順を繰り返していました(これは3月前半のことです)。そして3月中旬に消化器外科にバトンが渡されると初診即日入院となったわけですが、実はこれにも糖尿病が影響していたのです。通常手術のための入院は数日前が一般的だと思いますが、私の場合は厳格な血糖値管理が必要になるため約2週間前の入院となりました。しかし入院して行われるのは通常の体温や血圧測定に加えて血糖値測定とインスリン注射のみで後は特に何もすることがありません。そこで私は毎日昼食後に外出許可をもらって片道約40分の道のりを徒歩で自宅まで帰っていました。運動することは血糖値抑制に役立つとのことで担当医も快く外出許可を出してくれました。ただし外出時の飲食は一切禁止という条件で(水とお茶を飲むことは例外的に認められていましたが)。

こうしていよいよ手術当日を迎えたのですが、「糖尿病は辛いよ」は実はここからが本番でした。私の血糖値は早期入院のお陰で何とか正常値の上限前後まで低下していたのですが、手術前の最終判断で手術後の痛みを緩和するための硬膜外麻酔を使わないことが決まったのです。その理由は硬膜外麻酔は脊髄の近くに打つため万が一合併症を起こしたら大変なことになるからです。この決定によりどんな困難が待ち受けていたかというと、ズバリ激痛との戦いでした。硬膜外麻酔の代わりに点滴に入れる痛み止めを使うことはできたのですが、使用回数に制限があり、さらに効果も気休め程度で「辛い」状況に変わりはありませんでした。それでも手術翌日からは歩くことが求められるのです。これはお腹の手術をされた方なら誰でも経験してきたことだと思いますが、手術後に寝たきりでいると腸の癒着や閉塞を起こす危険性があり、歩くことで腸の正常な活動が促される効果もあるため、治療の一環として歩かなければならないのです。ちなみにこのことは手術前に担当医から「痛いのは承知の上。どんなに痛くても歩いてもらいます。」と言い渡されておりました。しかし実際に手術の翌日に看護師さんから「歩いてレントゲン室に行ってください」と言われた時の辛さは筆舌に尽くしがたいものがあり、冗談抜きにこれまでの人生の中で一番辛い出来事でした。あとこの辛さに比べたら些細な悩みに過ぎないのですが、入院中唯一の楽しみと言っても過言ではない食事が糖尿病食で超薄味だったこともオマケとして付け加えておきます。

このように糖尿病になってしまうと手術の障害になるため何かと苦労が多くなります。皆さんも私と同じような辛さを味わうことのないよう、ぜひ血糖値にはご留意ください。ただし血糖値は測定時の条件により変動幅が大きくなりがちですので、実際の診察ではHbA1c(ヘモグロビン・エイワンシー)の数値が使われます。これにより長期間の平均的な血糖値を知ることができるのです。先日テレビ東京系の経済情報番組「ワールド・ビジネス・サテライト(WBS)」で紹介されていましたが、東京都足立区では調剤薬局で手軽にHbA1cの測定ができるとのこと。費用は足立区民が500円、区民以外は1,000円とのことでした。足立区内や近隣にお住まいで血糖値が気になる方は、積極的にこの制度を利用してみてはいかがでしょうか?

【薬局で糖尿病リスクを早期発見!】店頭で血糖を測定し、受診を促します(足立区のサイトより)

【追記】
書き忘れておりましたが退院後から糖尿病の治療は飲み薬に変更になりました。幸いなことに現在の血糖値は正常値の範囲内に収まっています。

(Sponsored Link)

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック