2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

今年のNISA投資 第三弾発動

kage

2015/08/27 (Thu)

月曜日のエントリー「今年のNISA投資 第二弾発動」で私は第三弾の発動についてこう書いておりました。

なお今年のNISA投資第三段については今度こそ慎重に判断するつもりです。明日の日本株がいくら下がろうと、目先の底打ちを確認できない内は安易に第三段を発動しないよう今から自らの心を戒めておきます。


前回の後悔を教訓にして今回はしっかりとこの覚悟を貫き、翌火曜日(25日)の日本株が安く始まっても静観を決め込み、その後の切り返しで前場の引け値が大幅高になっても慌てず、その上昇分が後場の急落で帳消しになっても動きませんでした。そして昨日水曜日(26日)に日米の株価が大幅反発したのを確認し、とりあえず目先の底は付けたと判断して本日の第三段発動に至った次第です。

そして下記が本日の約定記録です。ちなみに今年のNISA投資で買っているのは第一弾からずっと同じ銘柄です。前回同様に空白の部分が多いのでわざわざ公開する意味がないのですが、一応念のために貼り付けておきます。

NISA01

第三段の発動を受けて今年のNISA投資残枠は415,600円となりました。当初は100万円の枠を25万円ずつ4回に分けて使い切る予定だったのですが、幸か不幸か今般の世界同時株安で投資対象の株価も暴落していますので今年のNISA投資発動は全部で5回となりそうです。

NISA02

というわけで今年のNISA投資はあと2回の発動となりそうですが、次回第四弾は現在の目先の反発局面が終わっていわゆる「二番底」の確認ができた時が理想的なタイミングであると考えています。もっとも最近の値動きは過去の経験や常識が通用しないケースが多いこともまた事実ですので、そのあたりは臨機応変に判断したいと思います。常識的に考えて米国の利上げが検討される来月16-17日のFOMC(連邦公開市場委員会)に向けてもう一波乱あると覚悟しておいた方がよいと思っているので、第四弾の発動は来月まで待とうと思っているのですが果たしてどうなりますか。今回の大混乱で皆さんも改めて痛感されたことと思いますが、将来の値動きは誰にも分からないものなのですから。

(Sponsored Link)

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック