2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

今年のNISA投資 第一弾発動

kage

2015/08/21 (Fri)

今年のNISA投資については過去のエントリーで繰り返し言及してきたとおり、苦節9年を経てようやく黒字化を果たしたさわかみファンドを売却してその資金を充当する計画でした。今月に入ってこちらのエントリーでご報告したとおり何とかさわかみファンドの売却は決断できたのですが、今年最大の世界経済かく乱要因になるであろう米国の利上げを前にしてNISA投資にはなかなか踏み切れずにいました。しかし米国の利上げが行われる前に中国の景気減速懸念から一気に世界同時株安の様相を呈し、本日の日経平均株価が今年2番目の下げ幅を記録する中で、清水の舞台から飛び降りる覚悟で今年のNISA投資第一弾を発動いたしました。私はこれまで当ブログ上で何度も「将来の値動きは誰にも分からないのだから投資タイミングを考えても無駄。手元に投資してよい資金があるのなら今すぐ全額投資すべき。」と主張してきましたが、「第一弾」という表現からお察しのとおり本日消化した今年のNISA投資枠は全額(=100万円)ではありません。それでは今日はいったいいくら投入したのかといいますと、全体の1/4(金25万円也)です。いくらハイリスク投機家を自認する私でもさすがに今日一日ですべての投資枠を使い切る勇気はありませんでした。言行不一致で誠にお恥ずかしい限りです。しかし「気休め効果を有効活用しよう」に書いたとおり、投資タイミングを分散することで多少なりとも気が休まるのであれば無理に合理性を追求する必要はないと私は柔軟に考えております。そのあたりは個々の感情に正直に対応すれば良いのではないでしょうか?

なお今年のNISA投資も昨年に引き続きハイリスク投機家らしく個別株投資で一攫千金を目指します。ちなみに今年の投資対象は下記をご覧いただければお分かりのとおりドリームインキュベータではありません。ただし具体的な銘柄名については昨年度用しばらくは非公開とさせていただきます。

NISA

先ほど今日の投入額は全体の1/4(金25万円也)と書きましたが、ご覧のとおり個別株の評価額は220,500円です。それでは残りの約3万円はどうしたかと申しますと、こちらも昨年同様にひふみプラスに注文を入れており、週明け月曜日の基準価額で約定する予定です。個別株の注文が大引けで成り行き買いだったためひふみプラスへの注文は概算で3万円としたのですが、結果的にトータルで500円オーバーしてしまいました。この差額は最終的に今年のNISA枠を使い切る時に調整するつもりです。

ひふみプラス

NISA枠の使い方としては昨年同様に個別株の買い付けがすべて終わってから残った端数分でひふみプラスを買い付けるという方法もあったのですが、ひふみプラスの純資産が500億円を突破して信託報酬の引き下げが始まったことを記念して今日はあえて注文を入れました。

「ひふみプラス」が純資産500億円を突破 -500億円を超える部分の信託報酬が下がります-(注意:クリックするとPDFファイルが開きます)

今後もNISA枠を1/4ずつ使っていくとすればあと3回買い付けを発動できる計算になります。もしかすると現在はちょうど大暴落の序の口で泣きながら落ちてくるナイフを素手で掴もうともがく内に弾切れになってしまう可能性もありますが、気持ちだけは「下がれば喜んで買ってやるぜ!」とポジティブシンキングで今回の下落相場に対応していきたいと思います。ただ残り弾に限りがあるのも事実ですので、第二弾の発動は慎重に判断するつもりです。

(Sponsored Link)

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック