2020 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 06

HSBC投信等評価額(2006.07.21現在)

kage

2006/07/22 (Sat)

地政学的リスクやインフレリスクの高まりを受けて世界の株価は相変わらず迷走を続けています。このような状況の中、手に入る情報の少ない新興国への投資はそれ自体がハイリスクですから常に最新情報収集の努力は欠かせません。投資信託でいえば情報収集の第一歩は運用報告書の確認といえるでしょう。というわけで今週の記事は毎月恒例となったHSBC BRICsオープンの月報チェックです(HSBC投信が設定する各ファンドの月報と週報は、右のHSBC Japanのリンクから「投資信託/投資顧問」「ファンドレポート」とたどっていただければご覧になれます)。

それではいつものようにHSBC BRICsオープンの運用主体であるBRIC GIF フリースタイルの国別投資割合の推移をまとめてみましょう。(表記はそれぞれ、2月末/3月末/4月末/5月末/6月末です)なおテキストの羅列ではだんだん分かりにくくなってきたため、今回からExcelで作成した棒グラフも同時に添付することにしました。

中国:28.2%/28.2%/27.4%/21.2%/21.9%(0.7%増)
ロシア:24.4%/26.2%/28.7%/29.5%/31.4%(1.9%増)
ブラジル:16.9%/23.1%/23.5%/26.0%/27.8%(1.8%増)
インド:15.5%/13.7%/11.1%/12.0%/14.2%(2.2%増)
キャッシュ等:15.1%/8.8%/9.4%/11.2%/4.7%(6.5%減)

BRIC0606

人気blogランキングに参加しています 人気blogランキングへ 6月の動きで一番目立つのはキャッシュポジションの大幅な縮小です。新興国市場の不安定な動きもあり3月、4月、5月と温存してきた投資資金を6月で一気に放出したようです。このため6月の国別構成比は前月比でいずれも増加しました。中でもインドの増加率がトップで、HSBC投信が強気に転じたことを実証した形になっています。また石油価格高騰の恩恵を受けるロシアや資源高の恩恵を受けるブラジルの増加率も高く、インドと同様にHSBC投信の強気の姿勢を感じさせます。唯一、一部で資産バブルの様相を呈している中国だけが様子見の状態のようですね。

実際に月報にある個別の運用状況報告を読んでみると、各国ともに長期的に成長していくというHSBC投信の予測に変更がないことが分かります。中でもインドに関しては「我々はインドに対しては強気に転換し、中国と現金への配分を減らし、インドの配分を増やしました」との解説があり、HSBC投信の意気込みを感じさせられました。

今週の報告をご覧いただければお分かりの通り、インド市場に対するHSBC投信の強気転換を受けて私もインドオープンの買い増しに動いているのですが、乱高下するインド市場に翻弄されて結果的に高値掴みを繰り返しています。長期保有の方針に変わりはないので目先の買値に一喜一憂するのはナンセンスかも知れませんが、改めて自分自身の投資センスのなさを痛感しています。

HSBC032

個別では原油高を受けたロシア株の堅調な動きにより欧州新成長国株式ファンドがようやく黒字転換してくれました。今はこうしてひとつひとつ黒字化してくれるファンドが現れることを素直に喜びたいと思っています。

ネット証券選びのご参考に オンライントレード比較!byリクルート

関連記事

この記事へのコメント

kage

クレジットカードについて

はじめまして
私はHSBCクレジットカードは郵送してもらったのですがその後まだ使っていません。日本で使いましたか?
それからオンラインで登録する必要があるようですが、すでに番号が入ってましたがやはり、otherのとこで
する必要があるのかわかりません。
AUTOPAYの設定の必要もあるのでしょうか?Kzさんのサイトの掲示板のとこでクレジットカードのとこにそのように書いてありました。
方法がわかりません。
よろしかったら教えてください

Posted at 03:20:15 2006/07/24 by カベルネ

この記事へのコメント

kage

カベルネさん

その後も預金のほとんどをTime Depositにしたままですので相変わらず私のHSBCクレジットカードは未使用のままです。

インターネットバンキングのAccount Overview画面のCredit Cardsの部分にすでにご自分のカードナンバーが表示されていれば別途登録作業は必要ないと思います。

Autopayについては私は何も登録していませんが年会費はちゃんとHKD Savingsから引き落とされましたよ。口座開設とカード申込が同時だったからでしょうか?

Posted at 23:48:05 2006/07/24 by おやじダンサー

この記事へのコメント

kage

ありがとうございました。
Autopayについてはメールを
HSBCにだしましたらもう
そのようになってるみたいな
返信がありました。
私はHKドルの普通預金に
入れてあるので使って見ますね
また書き込みします

Posted at 20:38:50 2006/07/26 by カベルネ

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック