2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

さわかみファンド 最終損益報告

kage

2015/08/06 (Thu)

前回のエントリー「さようなら さわかみファンド」で私は後は心静かに5営業日後の銀行口座振り込みを待つだけですと書きましたが、広島に原子爆弾が投下されてから70年目に当たる本日がまさにその5営業日後でありました。前回のエントリーには最終的な売却益については取引明細が発行された後に改めてご報告させていただきますとも書いておりましたので、お約束どおりに下記のとおり今回の取引明細を公開いたします。

さわかみファンド取引明細

ご覧のとおり100万円の投資元本に対して確定利益は211,152円となりましたので、最終的な運用成績は+21.1%でした。そして精算金額1,211,241円から税金42,894円が源泉徴収され、残りの1,168,347円が本日めでたく私の銀行口座に入金されました。

+21.1%という数字だけを見れば十分に満足できる結果のように自分でも錯覚してしまいそうになりますが、費やした期間が約9年ですのでお世辞にもほめられた結果ではありません。あと取得単価と個別元本に2円の差が生じているのが気になりますが、影響は微々たるものなので深く追求しないことにします。

銀行に入金された金額の内100万円は以前から宣言しているとおり今年のNISA投資資金に充当するつもりです。しかし具体的な投資先についてはまだ決められずにいますので、この資金はしばらく銀行口座に留め置くつもりです。迷っている内に投資候補の銘柄や投資信託が値上がりしてしまうリスクも考えなければなりませんが、まとまった待機資金を手にしたことで「大きく下がれば喜んで買ってやるぜ!」と思えるだけ精神的には楽になりそうです。資金を留め置くことは「将来の値動きは誰にも分からないのだから投資してよい資金が手元にある場合は直ちにフルインベスト状態にすべき」という自分自身の理念に反することになってしまいますが、昨年もNISA投資を実行した後の10月に大きな調整局面が訪れましたし何といっても今年は米国の利上げ開始という大きな波乱要因が控えていますので慎重に行動したいと思っています。もっともいろいろと悩んだ末にやはり「結局のところ将来の値動きは誰にも分からないのだから投資タイミングを悩んでも無駄」との結論に達して早々に今年のNISA投資を完了する可能性もゼロではありません。いずれにせよ今年のNISA投資に関して何か動きがあれば改めてご報告させていただきます。

あと利益相当額の168,347円については再投資には回さず、何かと出費の多い夏休みの費用に充当するつもりです。これにより多少なりとも日本の消費拡大に貢献できればと考えております。これまでさわかみファンドに対してはいろいろと憎まれ口を叩いてきましたが、いただいた利益についてはありがたく感謝して使わせていただく所存です。

(Sponsored Link)

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック