2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

ETFでハイリスク投機 シーズン6

kage

2015/06/29 (Mon)

今日からさかのぼることわずか6日前の先週火曜日(6月23日)に「ETFでハイリスク投機 シーズン5 終了報告」をしたばかりなのですが、終了から一週間を待たずにETFでハイリスク投機 シーズン6を発動する運びとなりました。そのきっかけは皆さんご承知のとおり、ギリシャのデフォルト(債務不履行)懸念の高まりにより今日の日経平均株価が今年最大の下げ幅(前日比596円20銭安)を記録したことです。今日は寄り付き前から為替市場ではドル円が一気に円高ドル安に振れていたこともあり、日経平均株価の大幅下落は避けられない雰囲気でした。そこで「ここはハイリスク投機家として一勝負せねばなるまい」と覚悟を決め、前回同様に「NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信 《愛称》日経レバレッジ指数ETF(1570)」に指値注文を入れておきました。正直なところ自分ではかなり安いところから下に指値を入れていたつもりだったのですが、日経平均株価の下げ幅が一時600円を超えるという予想外の展開になり、「さすがにここまでは下げないだろう」と思いながら入れていた指値が次々にヒットしてしまったのです。

その結果、現在の信用買い建玉は下記のとおりとなりました。今回は10円刻みで2単位ずつ指値注文を入れておりましたので、ご覧のとおり合計で23件×2単位=46単位となっております。ちなみにこれを金額に直すと802,240円です。すなわち、ギャンブルのようなハイリスク投機で一勝負するために私はSBI証券から1日で80万円も借金をしたわけですね(実際には他にも信用建玉がありますので借金総額はこんなものではありませんが)。善良なる紳士・淑女の皆さまにおかれましてはくれぐれも私の真似などされませんよう、老婆心ながらご忠告申し上げます。

1570_20150629

実は今日の前引け(前場終了)時点で約定していたのは下の2件(17,550円と17,540円の建玉)だけでした。しかも1単位あたり200円以上の含み益がある状況になっていましたので、お昼休みにそれぞれ買値+300円で売り注文を出しておきました。それで「もしかすると今回のETFでハイリスク投機はデイトレで終わるかも知れないな。そうなればシーズン6ではなくシーズン5.5にすべきかな。」などとお気楽に考えていたのですが、そうは問屋が卸しませんでした。今にして思えば「さすがにここまでは下げないだろう」と思いながら17,300円まで指値を入れておいたことが良かったのか悪かったのか判断に苦しみます。ただひとつ言えるのは、もし明日の日経平均株価も下落して再び2万円の大台を割り込むような事態になれば、私は泣きながらナンピン買いを入れるだろうということです。反対にもし明日の日経平均株価が今日の大幅下落の反動で上昇するようなら、買値+300円で淡々と決済(売却)を進めるつもりです。果たして今回の一勝負が吉と出るのか凶と出るのか、その結果は追ってご報告させていただきます。

(Sponsored Link)

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック