2020 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 04

HSBC投信等評価額(2006.07.07現在)

kage

2006/07/08 (Sat)

昨日、東京駅の近くに行く用事があったので、ついでにHSBC東京支店まで足を伸ばしてみました。詳しい所在地については右のHSBC Japanのリンクから地図をご確認いただければと思いますが、東京駅から徒歩で10分弱の距離で、昭和通りに面していて分かりやすい場所にありました。今回は着いたのが営業時間終了後だったこともあり前を通っただけですが、建物の外観だけを見るととても銀行とは思えない雰囲気でした。入り口の自動ドアを入ってすぐのところにHSBC口座開設者にはおなじみの壁に埋め込まれた形のATMが2台設置されていましたが、これも知らない人が見ればATMとは思えないのではないでしょうか?

HSBC_Tokyo_01

人気blogランキングに参加しています 人気blogランキングへ HSBC_Tokyo_02

HSBCは日本で最も古い外資系銀行のひとつで、日本初の拠点である横浜支店の開設は今から140年前の1866年でした。つい先日もHSBCが横浜支店開設140周年を記念して「銀行発祥の地記念碑」を産業貿易センタービル内に建てたというニュースも伝えられていましたね。(第一国立銀行の創設が1873年であるため、横浜支店は現存する銀行では日本初の店舗となるそうです)また戦前に使われていた長崎支店の建物は貴重な歴史的建造物として一般公開されています。(ご参考:旧香港上海銀行長崎支店記念館

HSBC_Tokyo_03

このように日本でも長い歴史を誇るHSBCなのですが、国内では個人向けの銀行業務を行っていないこともあり会社の規模に比べて知名度は決して高くないのが現状です。銀行口座保有者としてはいずれは日本でもサービスを受けられるようになればという希望がありますが、とりあえずはHSBC投信の着実な運用で認知度アップに努めていただければホルダーとしても嬉しい限りです。

さてそれでは、そのHSBC投信の今週の運用成績はどうなっているのか確認してみましょう。

HSBC030

ご覧のとおり、赤字額は再び10万円を超えてしまいましたが毎週末の定時報告ベースでは着実に改善に向かっています。実は一昨日時点の一日だけですがインドオープンも黒字転換を果たしました。さんざん心配していたインドについても現時点でみればHSBC投信の強気転換は絶妙のタイミングだったといえそうです。週末のインド市場はまた大きく下げていますが相場には「初押しは買い(=大底を打ったあとの最初の調整は買いが有利)」という格言もありますので来週は追加投資も考えたいと思います。今回は突発的な北朝鮮のミサイル問題で私のポートフォリオも少なからず影響を受けましたが、ミサイルの標的にはならない中国、ロシアや地理的に遠い欧州のファンドを保有していることで今のところ分散投資が上手く機能しています。

ネット証券選びのご参考に オンライントレード比較!byリクルート

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック