2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

ETFでハイリスク投機 シーズン4 経過報告

kage

2015/04/21 (Tue)

先週水曜日(4月15日)に発動したETFでハイリスク投機 シーズン4ですが、前回のエントリーで宣言したとおり昨日(4月20日)の寄り付きから安くなったところで泣きながらナンピン買いを入れました。そして約定した建玉に関しては直ちに約定価額+200円で売り注文を出していたところ、その後の日経平均株価が予想外にプラス圏に浮上したため泣きながらナンピン買いを入れた建玉はすべて刈り取られてしまいました。昨日の日経平均株価は結局大引け前に失速してマイナス圏に沈んで終わったのですが、その際に改めて入れ直していた買い注文がいくつかヒットしました。その結果、現在の信用建玉は下記のとおりとなっております。

1570建玉

前回のエントリーで私は「週明け月曜日に泣きながらナンピン買いを入れる決断は結果的に絶好の底値拾いになるのか?はたまた落ちてくるナイフを素手で掴む無謀な行為になるのか?その結末はまた改めてご報告させていただきます」と書きましたが、結果的に月曜日の米国株が大幅高で返ってきましたので「絶好の底値拾い」になったようです。あらかじめこうなることが分かっていれば昨日の寄り付き直後に安値で拾えた建玉を薄利でむざむざ決済することもなかったのですが、将来の値動きは誰にも分かりませんのであくまでもそれは結果論です。以前から何度も書いているとおり、投資の利益は確定してナンボ(含み益は絵に描いた餅に過ぎない)ですし、日々金利がかかる信用取引の決済は早ければ早いほど良いという原理原則もありますので、私は思いがけず安値で拾えた建玉を薄利で利益確定してしまったこともまったく後悔はしていません。上記信用建玉に関してもすべて買値+200円で売り注文を出しておりますので、今日のところは黙って刈り取りを待つつもりです。

図らずも昨日の取引の多くがデイトレードとなったことで確定利益も前回のエントリーでご報告した金額より増えて+7,745円となりました。願わくば今日も順調に刈り取りが進んで明日には+1万円を超えていて欲しいものです。

1570損益

現在は日米ともに決算発表シーズンに入っており、欧州にはギリシャのデフォルト懸念もあることから世界の株式市場はまだしばらく神経質な値動きが続きそうです。ですからETFでハイリスク投機 シーズン4も買値+200円で売り、突っ込んだら買い、の方針で継続していくつもりです。

(Sponsored Link)

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック