2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

個人投資家よ胸を張れ

kage

2015/02/22 (Sun)

今年も確定申告の受付が始まり、遅ればせながら私も今日は一日中確定申告書類の作成に時間を費やしておりました。確定申告をきっかけにして例え一年に一度であってもこうして真剣に日本の税制と向き合ってみると、改めて「アベノミクスの恩恵を受けているのは楽して儲けている投資家だけだ」という批判がいかに的外れでいわれのないものであるかを痛感します。なぜなら私たち個人投資家は投資(もちろん私が大好きな投機も含みます)で得た利益に対して20%の税金(所得税15%+住民税5%、さらに現在は復興特別所得税も加えてトータルで20.315%)を支払っているのですから。すなわち、手にした利益に対して納税という形で応分の責任を果たしているのですから、儲けたことを批判される筋合いは一切ないと私は考えます。例えばあるカリスマ個人投資家の昨年の確定利益が1億円であったとしましょう。そうなるとそのカリスマ個人投資家は実に2,031万5千円もの税金を国庫に納めている計算になりますので、財務大臣から感謝状をもらってもいいくらいだと私は思います。それが我が国では悲しいことに「楽して儲けやがって」と後ろ指を指されてしまうのですから個人投資家は辛いですね。ですからこれからは投資に対する偏見を払拭するためにも、例えば100万円の利益確定を行った時には「100万円儲けた」と言わずに、堂々と胸を張って「20万円以上納税した」と言い換えることをご提案いたします。

当ブログでは過去に何度も指摘しておりますが、投資の利益(リターン)とは取ったリスクに対する報酬です。すなわち、リスクを取ったからこそリターンが得られたわけであり、決して「楽をして」儲けたわけではありません。投資が全然楽でないことは投資経験者なら誰でも身に染みて理解しておられることと思います。だからこそ投資未経験者(=リスクを取らない人)がたまたま儲かったという結果だけを見て安易に個人投資家を非難することに対して私はどうしても違和感を覚えざるを得ません。もちろん私たち個人投資家が儲けることを目的にリスクを取っていることは紛れもない事実ですが、一方でリスクを取るということは損失を覚悟することでもあるのですから。もし本気でアベノミクスの恩恵を受けた個人投資家が楽をして儲けていると思っているのであれば、批判などせずに自分も投資家デビューをして楽をして儲ける方に仲間入りすればいいのです。しかし実際にそのような流れが起こらない背景には「楽をして儲けた」と批判している人も実は投資は損をすることも多々あり決して楽ではないことをよく知っているからではないでしょうか?もし本当にそうなのであれば、「楽をして儲けた」という批判はちょっとずるいなと私は思うのであります。

それでは百歩譲って私たち個人投資家がアベノミクスの恩恵を受けて楽をして儲けているとしましょう。しかしそれを批判することで何か得ることはあるのでしょうか?先ほど例に挙げた年間1億円を稼ぐカリスマ個人投資家がもし「批判されたからもう投資はやめる」と宣言したら、2,031万5千円の納税も消えてなくなるのですから批判はむしろマイナス効果が大きいと考えられるのではないでしょうか?今から約10年ほど前の円安バブル時には、普通の主婦や退職した先生がFX(為替証拠金取引)で巨額脱税をしたことが話題になりました。その時は脱税額の大きさがセンセーショナルに伝わって話題になったことを私もよく覚えていますが、今にして思えばFXの利益を正しく申告してキチンと納税した人の税金はかなりの金額になっていたことでしょう。できることなら「投資で楽をして儲けた」と批判をする方におかれましては、「私たちのためにもっと儲けて」という思考に転換していただければ幸いです。

個人投資家は納税で責任を果たしているのだから胸を張れと主張している私はさぞかし高額の納税をしているのだろうと思われるかも知れませんが、今回の確定申告における投資関係の納税額は実はゼロでした。これは以前のエントリーにも書いたとおり昨年に繰り越していた損失があったためで、誠に恥ずかしながら今回の確定申告ではそれを相殺し切れずに終わりました。本来なら保有する西武ホールディングス株の利益確定で相殺する予定だったのですが、思いがけずその他の利益で今回の確定申告で繰り越しの期限を迎える損失についてはすべて相殺ができましたので、結果的に西武ホールディングス株の売却は行わずに次回の確定申告で繰り越しの期限を迎える損失をまだ少し残す形となりました。今年はこの繰り越し損失をできるだけ早急に相殺し終えてハイリスク投機(短期売買)による納税に励みたいと思っておりますので、アベノミクスの恩恵を受けながら国家財政改善にまったく貢献できていない不甲斐なさをお許しいただければと伏してお願いする次第であります。

(Sponsored Link)

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック