2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

HSBC投信等評価額(2006.06.23現在)

kage

2006/06/24 (Sat)

当ブログでも過去に何度か膨らみ続ける国の借金への懸念について採り上げてきました。昨日、財務省から2006年3月末時点の国の借金総額が発表されましたが、その総額は相変わらず増え続けているようです。

国の借金は827兆円 1人当たり648万円

財務省は23日、国債と借入金、政府短期証券を合わせた国の債務残高(借金)が2006年3月末時点で827兆4805億円になったと発表した。05年3月末に比べ45兆9288億円増えた。国民1人当たり約648万円の借金を抱えている計算になる。

増加分の大半は国債分で、05年3月末に比べ44兆2161億円膨らんだ。05年度の新規発行国債は抑制傾向にあったが、これまで発行した国債を償還するための借換債発行が増えており、厳しい財政状況が続いている。

景気回復により国の05年度税収は当初見込みより約5兆円増の49兆円台になる見通しだが、借金残高はその約17年分にあたる。(共同通信より)


人気blogランキングに参加しています 人気blogランキングへ 一方でこの記事の最後でも触れられている、国の収支改善を示すこの報道にも注目しておきたいと思います。

新規国債は31兆円台に 05年度、税収増で抑制

国の2005年度一般会計決算で、新規国債発行額が当初計画より約3兆円減り31兆円台に減額される見通しであることが22日、分かった。景気回復で税収が当初予算より5兆円以上増える見込みになったため。計画から発行額を減額するのは3年連続で、30兆円に抑制した01年度以来、4年ぶりの低水準となる。

税収の自然増で国債発行額が減り、財政状況は改善方向にある。歳出・歳入一体改革や消費税率の引き上げの議論にも影響を与えそうだ。

財務省によると、国の05年度一般会計税収は4月末時点で前年同月比6.8%増の40兆9999億円。法人税や消費税、株式の配当課税などが伸びており、当初予算見通しの約44兆円から5兆2000億円程度増えて49兆2000億円程度になる見込み。(共同通信より)


国が発表する個々の統計数字に嘘はありませんが、天の邪鬼の私にはそれぞれに隠された意図があるように思えて仕方ありません。例えば国の借金については毎回大きく報道されますが、国の資産がどれくらいあるのかについてはほとんど報道されません。かつて日常的に行われていた為替介入によって積み上がった莫大なドル資産(=米国債)や少し前に話題になった都心の一等地に建つ立派な公務員宿舎など、国の保有資産は決して少なくないはずです。このように貯金の部分を隠して借金のみを悲観的に報じて、世論を「増税やむなし」の方向に導こうとするのはちょっとアンフェアーな気がします。

税収の増加についても当初予算より5兆円も上ぶれするという事態は別の角度から見て予算の立て方が甘かったのではないかという疑念を抱かせます。景気回復に自信があるのならその効果を加味したそれなりの予算を立てるべきであり、このような誤差を生むのはあえて控えめの予算を立てることによってことさらに厳しい現実をアピールしようとする意図があるのではと疑いたくなってきます。

少子高齢化の元凶ともいえる出生率の低下は止まるところを知りません。しかし社会保険庁が将来の年金を試算する際には出生率は増加傾向で計算されていることをご存じでしょうか?国の発表にはこのような意図的な数字の操作が隠されている場合が多々あります。これからは私たち一人ひとりがそれを見抜く眼力を備えなければ自分を守れない厳しい時代に突入するのだと思います。

その観点からすると海外分散投資は大切な資産を守る上での有効な選択肢といえますが、投資のタイミングを間違えると私のように大きな含み損を抱える結果となりますので注意が必要です。

HSBC027

もっとも今週はようやく世界の株式市場が落ち着いてきたおかげで、先週の最悪期に書いた最後の砦もついに陥落時点と比較して急速に赤字幅が縮小する結果となりました。これによりBRICsオープンに続いてチャイナとインドもようやく黒字化が見えてきました。来週のFOMCや来月上旬の日銀政策決定会合などの不安定要因を控えてまだまだ楽観はできませんが、とりあえず今度こそは正真正銘最悪期は脱したと信じたいところです。

ネット証券選びのご参考に オンライントレード比較!byリクルート

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック