2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2014

kage

2015/01/12 (Mon)

こちらのエントリーで私自身も投票したことをご報告した「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2014」の結果が発表されました。そこでいつものようにあまり参考にはならないと思いますが私の投票内容を公表して言い訳をさせていただきたいと思います。なお「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2014」の投票結果につきましては下記公式サイトをご参照下さい。また発表会当日の模様についてはすでに多くの投信ブロガーの皆さんが記事にされておりますので、そちらをご覧いただくと臨場感を味わえると思います。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2014

私が選んだ「Fund of the Year 2014」は下記の2ファンドで、持ち点5点を以下のとおりに振り分けて投票しました。

ひふみ投信(レオス・キャピタルワークス):4ポイント
ひふみプラス(レオス・キャピタルワークス):1ポイント

当ブログを何度かご訪問いただいた皆さんであればこの選択は容易に想像できたはずであり、今回は何の「ひねり」もない投票結果となってしまいました。これはブログネタにならないという意味で大変残念なことです。前回は結い2101(鎌倉投信)に1ポイントを投じてその理由を熱く語ることができましたが、正直なところ今回はあえて書くべき理由が見つからずに困っておりますので。それでも何もなしという訳にはいきませんので、以下に投票理由を簡単に記しておきたいと思います。

ひふみ投信(レオス・キャピタルワークス):4ポイント

私の大切な資産を守りながら増やしてくれたことを評価しました。ご承知のとおり私はひふみ投信の設定時から毎月コツコツと積み立て投資を継続しているのですが、昨年は1月早々に「ついに資産倍増を達成」しました。その後しばらく倍増レベルを下回っていたのですが、11月下旬には「ひふみ投信で再び資産倍増を達成」しました。ちなみに現時点の私個人の運用成績(騰落率)は103%であり、資産倍増を維持しています。このように設定時から6年と数ヵ月間コツコツと積み立て投資を継続するだけで(私の場合は猫パンチ投資=スポット投資2発を含んでいますが、今となっては誤差の範囲でしょう)投資資金が倍増したという事実は大いに評価できることだと考えて投票しました。加えて昨年はひふみ投信の特徴のひとつである資産形成応援団応援金による買い付けが実際に始まったことも重視しました。私は設定時から投資を始めていましたので、幸いにしていち早く資産形成応援団の恩恵を実感することができました。このように実質コストを下げる約束を有言実行したことも今回評価した点です。

ひふみプラス(レオス・キャピタルワークス):1ポイント

こちらはひふみ投信と同じマザーファンドで運用される姉妹投信ですが、昨年初めてNISA枠の端数分を利用して買い付けを行ったので応援の意味を込めて投票しました。このように姉妹投信で投票ポイントが割れることは、順位を争う上では間違いなく不利ですね。ただひふみプラスの純資産額はすでにひふみ投信を上回っていますので、近い将来ベスト10圏内での姉妹対決が見られるのではないか?と両ファンド保有者の私は密かに楽しみにしております。

今回のベスト10の顔ぶれを見ると、私が保有するファンドが5本入っており、個人的には大いに納得できる結果となりました。しかしハイリスク投機家の視点ではまだまだアクティブファンドの存在感が薄いと感じました。以前「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Yearはファンド界の選抜総選挙だ」にも書いたとおり、このアワードには明確な選考基準は存在しません。低コストのインデックスファンドや初心者におすすめのバランスファンドが評価されるのなら、しっかりと結果を出したアクティブファンドもキチンと評価して欲しいというのが私の偽らざる気持ちです。

今回は投票者が初めて100人を超えたそうですね(有効投票者数は115人とのこと)。この輪が広がれば広がるほど業界の注目度も上がり投票結果を無視できなくなるでしょうから次回はさらなる拡大に期待したいところです。個人的にはアクティブ派投信ブロガーの援軍を強く求めております。

(Sponsored Link)

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック