2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

誰でも簡単にアベノミクスの弊害を回避できる方法

kage

2014/12/12 (Fri)

夜中に目が覚めて米国株の動向が気になってパソコンの電源を入れたところ、相互リンクさせていただいている「レバレッジ投資実践日記」の最新エントリー「【選挙直前】アベノミクスの恩恵にあずかる方法」から1年半前に書いた「アベノミクスがもたらす日本の未来」へトラックバックをいただいていることに気付きました。エルさん、ハイリスク投機家の駄文をわざわざご紹介いただき誠にありがとうございます。ちなみに当ブログでも2013年4月9日に書いた「誰でも簡単にアベノミクス効果を実感できる方法」で「誰でも簡単にアベノミクス効果を実感できる方法とはリスク資産を買うことです」と指摘しておりました。そこで今回は当ブログをご訪問いただいた方々限定で特別に「誰でも簡単にアベノミクスの弊害を回避できる方法」をお教えしましょう。その方法とはズバリ「リスク資産を買うこと」です。

なーんだ、結局同じ結論かよ!と聞き流さないでください。エルさんもご指摘されているとおり、ここからのさらなる円安では私たちの実生活に及ぼすデメリットが無視できなくなります。その弊害を誰でも簡単に回避できる方法こそがリスク資産を買うことなのです。

ここで今一度前回のエントリー「一夜限りの夢」に掲載したドル建て日経平均株価のチャートをご覧ください。

ドル建て日経平均株価

ご覧のとおりドルを基準に日経平均株価を見れば、この1年半全然上がっていません。しかこの状況を言い換えれば、日経平均株価に投資していれば円安の影響で資産価値が毀損するのを防ぐことができたということになるわけです。

アベノミクスが長く日本を苦しめたデフレからの脱却を目指していることは誰でも知っています。もし事前の報道どおり明後日の総選挙で自民党の獲得議席数が300前後になるようなら、円安の流れはまた一気に加速するかも知れません。リスク資産を買う投資には自己責任の原則がありますが、これからはリスク資産を買わずにアベノミクスの弊害を甘受することもまた自己責任ということになるでしょう。

「でも株高も円安も十分に進んだし、ここからリスク資産を買うのは怖い」と思われている投資初心者の方も多いかも知れません。そう感じる方は投資のリスクをよく分かっておられます。ひとたび投資を始めてしまえば、10月の世界同時株安や直近の原油安を背景にした世界的な株価下落などで投資資産の評価額が下落し、余計な心配事を抱えてしまうことになります。しかし投資の大原則が「リターンは取ったリスクの代償」である以上、リスクを取らざる者にリターンなしです。つまり私たち個人投資家はリスクを負った代償としてここまでアベノミクスの恩恵を享受することができたわけで、「何もしないで楽をして儲けた」という批判は的外れです。

大切なことなので最後にもう一度繰り返します。これからはリスク資産を買わずにアベノミクスの弊害を甘受することもまた自己責任ということになるでしょう。投資初心者の方にはぜひリスク資産を買うリスクと買わざるリスクを天秤にかけてみていただきたいと思います。

(Sponsored Link)

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック