2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

インデックスファンドで資産倍増を達成

kage

2014/11/20 (Thu)

以前、毎月コツコツ積み立て投資を継続しているひふみ投信で一時的に資産倍増(=個人の騰落率が100%超える)を達成した時に「ついに資産倍増を達成」と題するエントリーを書きましたが、今回資産倍増を達成したのはタイトルでお分かりのとおりひふみ投信ではありません。ちなみに昨日のひふみ投信の基準価額は設定来最高値を更新して初めて27,000円を超えています。今月の定時報告でお知らせしたとおり、現在の私個人の取得単価は13,669円ですので、私個人の騰落率は単純計算で27,015円÷13,669円=1.97637、つまり97.64%となります。資産倍増ならぬ資産1.98倍増ですね。こちらの再度資産倍増にも大いに期待しておりますが、本エントリーでご紹介したいのはタイトルにあるとおりインデックスファンドなのです。そのファンドとはズバリeMAXIS全世界株式インデックスでありました。

私がSBI証券で保有しているインデックスファンドの成績については、これまで不定期でご紹介してきました。直近ではちょうど2ヵ月前に書いた「8年間塩漬けにしてきたあのファンドがついに黒字化」でご紹介しておりましたが、この時点のeMAXIS全世界株式インデックスの騰落率は+89.65%でした。それが下記画像をご覧いただければお分かりのとおり、本日時点で見事に+100%を超えて資産倍増を達成しております。

SBI証券

このようにeMAXIS全世界株式インデックスで資産倍増を達成できた背景にはさまざまな幸運があります。最大の要因はもちろん最近の世界的な株高と円安進行なのですが、私のケースでは「不幸中の幸い」という側面もありました。その不幸とは東日本大震災直後にやらかした大失態「追証発生」のことです。そして一つ目の幸いは、大失態時のエントリーをご覧いただければお分かりとおり、当時保有していた投資信託をほぼすべて売却することを余儀なくされた中で上記4本のインデックスファンドだけは売却せず残す判断をしたことです。さらに二つ目の幸いは、追証対応が終了した後で徐々に買い増したため、結果的に東日本大震災後の超円高局面で買うことができたことです。改めてザッと探してみたところ、以下のエントリーでこれらの4ファンドに猫パンチ投資を繰り出したことをご報告しておりました。

少し買いました(2011/04/20)、また少し買いました(2011/05/06)、またまた少し買いました(2011/05/25)、またまたまた少し買いました(2011/06/03)、猫パンチ投資発動(2011/06/13 )、猫パンチ投資発動(2011/08/03 )、猫パンチ投資再発動(2011/08/08)

下記はSBI証券からお借りしてきたドル円の10年チャートですが、結果的に丸印を付けた大底圏で買い増しをすることができたわけです。今改めて猫パンチ投資再発動(2011/08/08)を読んでみると、あの若林栄四大先生が「ここからの投資戦略は“借金してでもドルを買う”だ」と発言したことを紹介していますね。結果的にこの判断は大正解だったということになります。

ドル円

このように数々の幸運があったにせよ、eMAXIS全世界株式インデックスで資産倍増を達成できたことは紛れもない事実です。以上、インデックスファンドのBuy&Holdでも、運が良ければ3年間で資産倍増が達成できる実例としてご覧いただければ幸いです。

【11月21日追記】

1日遅れてSMTグローバル株式インデックス・オープンも資産倍増を達成しました。

SBI

(Sponsored Link)

関連記事

この記事へのコメント

kage

おめでとうございます

資産倍増おめでとうございます。大震災時の円高局面で買うのは勇気が必要ですよね。すごいです!

Posted at 17:19:46 2014/11/21 by netemate

この記事へのコメント

kage

ありがとうございます

netemateさん

追証で被った損失と比べれば現在の含み益など微々たるものですので本当は素直に喜べないのですが、運が良ければインデックスファンドでも資産倍増は可能であるという実例として参考にしていただければ幸いです。

Posted at 00:36:07 2014/11/22 by おやじダンサー

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック