2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2014/10/23 (Thu)

昨日はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 8,592円 (先月比27円上昇)
●約定価額 : 11,922円 (先月比501円下落)
●騰落率 : +38.6% (先月比6.3%悪化)


今般の世界同時株安はとりあえず目先の底を打った雰囲気ですが、今月の約定価額は世界的な株価下落と為替の円高進行の影響を受けて再び12,000円を割り込む11,922円となりました。このため私個人の運用成績である騰落率もあっけなく+40%を割り込んでしまいました。長期投資なのだから目先の値動きに一喜一憂しても意味はないと頭の中では理解しているつもりのですが、こうして短期間に基準価額が大きく下落してしまうといくらハイリスク投機家を自認する私でも動揺してしまいます。今般の世界同時株安はとりあえず目先の底を打った可能性が高くホッと一安心なのですが、実際のところはまだまだ安心できません。なぜなら過去の経験則では、一度崩れてしまった相場はそう簡単に元には戻らないからです。ですから今年8月頃の米国株のようなV字回復は「異例中の異例」であるとの認識をしておくべきで、まだ暫くはジェットコースターに乗っているつもりで相場を眺める必要があると私は思っております。

さて、前回のエントリーではちょうど3年前に書いた「セゾン投信定期積立経過報告(2011/10/22)」をご紹介しましたが、インデックス運用を学校の試験に置き換える例え話を書いた私自身も懐かしく読み返しました。そこで今回は3年ぶりにこの続きを書いてみたいと思います。

【3年前のエントリーからの引用】

突然ですが学生時代の試験を思い浮かべてみてください。試験の前に先生が突然こう告げます。「今回から試験の方法を一部変更する。新たに試験を受けないという選択肢も加える。それを選択した者には学年の平均点を自動的に与える。もちろん今までどおり試験を受けて高得点を目指しても良い。どちらを選択するかは君たちの自由だ。」


先生の説明を聞いていたA君は即座に「試験を受けない」という新たな選択肢に乗ることを決めました。元来勉強嫌いのA君は「これで辛い試験勉強をしなくて済む!」と大喜びです。しかし徐々に試験日が近付いてくるとA君の心の中に「どうせなら少しでも良い点が欲しい」という思いが浮かんで来ました。完全他力本願のA君が「良い点」を取るためには、いったいどうすればいいのでしょうか?

その答えは簡単です。試験を受けると決めた同級生たちが頑張って良い点を取れば、学年の平均点が上がってA君も「良い点」をもらえるのです。それではA君が「良い点」をもらうために、具体的に実行可能な方法は何があるでしょうか?

1.試験を受けると決めた同級生に対して「頑張れ!」とか「君なら高得点間違いなし!」と言って激励する。

2.徹夜で試験勉強をする同級生に夜食を持って行ったり、良い参考書を探して持って行く。

相手が同級生なら平均点を上げてもらうためにこのようにあの手この手で応援・激励するはずなのに、相場の世界のアクティブ投資家とインデックス投資家はそうならないのが不思議ですね。

それでは次に以下のような状況を想像してみてください。試験を受けると決めたA君の同級生たちは皆「楽をして高得点を取りたい」という虫のいい奴らばかりで、試験勉強はいつも一夜漬け、出題範囲にも大胆に山を張りそれ以外の勉強はしません。その結果、出題予想が当たった者が多ければ平均点は急上昇、反対に外れが多ければ急低下という変動の大きい状態(相場でいえばボラティリティが高い状態)になってしまいました。

こうなると「試験を受けずに自動的に学年の平均点をもらう」と決めたA君も困ってしまいますよね。それより何より、このような状況下では「平均点」自体の信頼性が揺らいでしまうことが大問題です。なぜならこれでは「学力の平均」というよりむしろ「山が当たったか外れたか」が大きく影響してしまうからです。

このように考えると、インデックス投資家にとってアクティブ投資家は優秀であればあるほどありがたい(その方が「平均点」の信頼度が上がるので)という現実がご理解いただけると思います。想像してみてください、市場にいるアクティブ投資家が皆「楽して儲けたい」と考える虫のいい奴らばかりだったならと。それでも皆さんはインデックス投資をしたいと思いますか?

(Sponsored Link)



関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック