2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2014/10/15 (Wed)

昨日はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 13,579円 (先月より83円上昇)
●約定価額 : 24,257円 (先月より2,098円下落)
●騰落率 : +78.6% (先月より16.7%悪化)


さすがのひふみ投信もこのところの世界的な株価下落の影響をモロに食らったようで、今月の約定価額は先月より2,098円も安い24,257円となりました。思えば先月の定時報告で私は無邪気に「いよいよ資産倍増(=騰落率100%)への再チャレンジが現実味を帯びてきました」と書いていたのですが、まさかわずか1ヵ月後にこのような大逆風状態になって騰落率100%が遙か彼方に霞んでしまうとは夢にも思っていませんでした。マーケットは投資家心理を強く反映するがゆえに、このような環境急変がたびたび起こります。それが投資の怖いところであり、反対に醍醐味でもあるともいえます。この混乱がいつ終息に向かうのかは誰にも分かりませんが、せめて今は精一杯に虚勢を張って、「安くたくさん買えてラッキー!」と強がりを言っておきたいと思います。

「安くたくさん買えた」といえば、昨日はちょうどひふみ投信の大きな特徴でもある資産形成応援団2回目の買付日でもありました。下記のとおり、255円の応援金で106口の買い付けが行われました。

ひふみ001

先月の約定日の基準価額(26,355円)では96口しか購入できない計算になりますので、安くたくさん買えたことを相場の神様に感謝しなければなりませんね(もちろんこれは精一杯の強がりです)。ところで先ほど1回目の資産形成応援団買い付けを確認してみてあまりの偶然に驚いたのですが、半年前の4月の定時報告でも約定価額が前月比で2,321円も下落していたのですね。これはやはり相場の神様が資産形成応援団の買い付けに合わせて安くたくさん買えるように相場を動かしてくれているに違いありません。

冗談はさておき、2回目の買い付けが終了したため資産形成応援団応援金はまたゼロクリアされて再出発となりました。ご覧のとおり現在の残高は10.27円です。

ひふみ002

また今年のNISA枠の端数分で購入したひふみプラスは最近の株安であえなくマイナス圏に転落してしまいました。

ひふみ003

正直「こんなことになるのなら10月まで待てばよかった」と思わないでもありませんが、それはあくまで結果論です。あらかじめ相場の動きが分かるのなら誰も苦労はしません。それにもし相場の神様が「もう一度やり直すチャンスをやろう」と言ってくださっても、それはそれで困る現実もあります。なぜなら今年のNISA投資の本命である個別株(銘柄名は引き続き秘密にしておきます)の方はこの下落相場の中でも何とかプラスを維持しているからです。

NISA001

何度も繰り返しになりますが、この先相場がどう動くかは誰にも分かりません。つまり「いつがベストの買い時なのかは誰にも分からない、運を天に任せるしかない」のが現実なのです。たまたま10回連続でタイミング良く上手に売買できたとしても、その成功体験が仇になって11回目にすべての利益を吹き飛ばすこともあるのが相場の怖いところですので。ハイリスク投機家を自認する私は思いっきりタイミングを狙いたいタイプですが、ことひふみ投信に関しては今後もコツコツ積み立て投資を継続していくつもりです。

(Sponsored Link)

ひふみ投信

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック