2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

今年のNISA投資を完了

kage

2014/09/06 (Sat)

標記のとおり、遅ればせながら今年のNISA枠をキレイさっぱり使い切りましたことをここにご報告申し上げます。これにより、ご覧のとおり私がSBI証券に開設したNISA口座の今年の投資可能枠は0円となりました。

NISA

今年1月に鳴り物入りでスタートしたNISA(少額投資非課税制度)ですが、私は口座は開設したものの実際の投資は行わず、これまでは静観を決め込んでいました。その理由はNISA口座開設完了をお知らせしたこちらのエントリーにも書いたとおり、誠にお恥ずかしい下記のような事情があったためです。

これで私もめでたくNISA口座を活用した非課税投資が可能となるわけですが、当面は使用を凍結するつもりです。なぜなら恥ずかしながら私には今年で消滅する繰越損失があるため、そちらの相殺が最優先となるためです。繰越損失の相殺が終了するまではNISA口座を使わなくても運用益は非課税なのですから、まずは今年限りで消滅する権利を優先して消化するという考え方です。



このような事情を抱える私がNISA投資に踏み切ったということは、今年に繰り越していた損失をすべて相殺し終えたということを意味するのかといえば、実はそうではありません。正直に言えば今年2月に結構大きな損切りを余儀なくされたため、今年トータルの確定済み損益は辛うじてプラスにはなっているものの、繰り越している損失はまだほとんど相殺できていないのが現実です。それではなぜ今NISA投資なのか?と申しますと、保有している西武ホールディングス株の含み益が繰越損失を大きく上回る状態が続いており、気持ちが大きくなったためです。当ブログでは常々「利益は確定してナンボ」、「含み益は絵に描いた餅に過ぎない」と書いておりながら言行不一致で誠に申し訳ないのですが、取らぬ狸の皮算用で年末の株高を期待してこのタイミングでのNISA投資を決断した次第です。すなわち、年末時点で西武ホールディングス株が少なくとも現在の株価水準を維持してくれれば売却により一気に繰越損失の相殺ができますし、年末の株高を予想するのであればNISA投資はできるだけ早い方が良いという考えです。

それでは具体的にNISA投資で何を買ったかと申しますと、ハイリスク投機家らしく某個別株への集中投資(一点買い)としました。私はこれで5年後の一攫千金を目指します。ただし銘柄選択に自信がないため具体的な銘柄名は非公開とさせていただきます(今後順調に成長してくれれば調子に乗って公開するかも知れません)。あと個別株投資では100万円の投資枠をキッチリと使い切ることができませんので、端数分は下記のとおりひふみプラスに注文を入れておきました。こちらは週明け月曜日の基準価額で約定の予定です。

ひふみプラス

今回私はNISA口座を初めて使ったので知らなかったのですが、投資信託の金額買い付けで分配金の受け取り方法を「再投資」に指定してもNISA口座に再投資されるわけではないのですね(再投資分は課税口座に入るとのこと)。そこで今回は「受け取り」を指定しておきました。もっともひふみプラスは今後とも無分配を続けてくれると信じていますので、結局のところこの選択は無意味になるはずですが。

なお今回の私のNISA投資は、4日(木)に個別株を買い付け、5日(金)にひふみプラスを注文、とわずか2日間で完了しました。なぜ時間の分散をしなかったかと申しますと、「投資して良い資金がすでに手元にある場合はできるだけ早くフルインベスト状態にすべき」との持論に従ったためです。この件については以前「積み立て投資は損か得か」にも書いたことがあるのですが、ザックリと説明すると下記のような根拠に基づくものです。

将来の値動きは誰にも分からない。だから時間を分散しても意味はない。投資をする理由は期待リターンがプラスだから。であれば一刻も早くフルインベスト状態にすべき。

ちなみにこの持論は上記にあるとおり「投資して良い資金がすでに手元にある場合」のものですので誤解なきようにお願いいたします。また「自分は上手に底値を買える」という自信がある方や「一括投資の後の値下がりの恐怖に耐えられない」という方が時間の分散をすることは個人の自由ですので、こちらも誤解なきようにお願いいたします。

今年もすでに9月に入り来年の新たなNISA枠獲得まであとわずか4ヵ月です。これからは次の枠をどう使うかに思考を切り替えて、しばしの「脳内会議」を楽しみたいと思います。

(Sponsored Link)

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック