2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

苦節10年

kage

2014/03/20 (Thu)

ようやく西武ホールディングスの再上場が決定しました。

西武HD、東証1部に再上場へ…4月23日(読売新聞より)

西武HDは4月23日に東証1部に再上場する予定。西武鉄道が2004年12月に上場廃止になって以来、約10年ぶりに西武株が株式市場に復帰する。

上場時に新株は発行しないが、発行済み株式総数の20%強の株式が、市場に放出される見通しだ。西武HDの筆頭株主で米系投資ファンドのサーベラス・グループが、保有する株式35.45%(議決権ベース)のうち15.5%を売却する予定で、農林中央金庫や日本政策投資銀行といった他の大株主も保有株の一部を売却する。西武グループの総帥だった堤義明氏が出資し、西武株の約15%を保有する第2位株主のNWコーポレーションは売却しない。



過去のエントリー(こちらこちら)にも書いたとおり、私は西武ホールディングスの株主です。思えば10年前、上場廃止直前に「東証で上場廃止になってもすぐにジャスダック上場を検討する」という会社のコメントを馬鹿正直に信じて株主となった私がどれだけ再上場を待ちわびてきたことか!また筆頭株主であるサーベラスとのゴタゴタにどれだけ心配させられたことか!それらの長く辛い日々も4月23日でついに終止符が打たれることになります。

再上場が決まれば株主として次に気になるのは上場価格です。早くもブルームバーグは「2,300円」と報じています。

西武HD:上場の想定株価は2300円、1860億円調達へ(ブルームバーグ)

もしその通りとなればこの株券1枚の価値は230万円ということになりますね。

SEIBUHD

(筆者注:西武ホールディングスは再上場に備えてすでに株券の電子化を完了しておりますので、現時点で紙の株券は存在しません)。

再上場が決定したのですから私が保有する西武ホールディングス株もようやく証券会社に入庫できるわけです。上場廃止による出庫はマネックス証券からでしたが入庫はおそらくSBI証券になるでしょう(安易に売却しないようにGMOクリック証券にするかも知れません)。入庫の方法についてはまったく分からないのですが、再上場決定を受けて西武ホールディングスから案内があると勝手に考えております。ただその前に済ませておかなければならないのは平均買い付け価格の算出です。ハイリスク投機家を自認する私のことですから、実は西武株も上場廃止前に売買を繰り返しておりました。このため正確な平均買い付け価格が私にも分からないのです。もっとも再上場に備えて当時の売買記録はすべて残してありますので入庫前にExcelで計算しておこうと思います。いずれにせよ私の平均買い付け価格が1株1,000円以下であることは確かですので、もし上場価格が本当に2,300円となれば万々歳です。

あと西武ホールディングスが再上場することで助かるのは確定申告が簡素化できることです。非上場株の配当は上場株とは分けて申告しなければなりませんし、上場株の配当と異なり住民税が源泉徴収されないため、西武ホールディングス株を保有している限りは例え上場株を特定口座(源泉徴収あり)で取引していても確定申告が必須になっていましたので。このような面倒からも開放されるわけですから、4月23日を指折り数えて待ちたいと思います。

(Sponsored Link)

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック