2020 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 04

間違いやすい投資用語

kage

2006/06/04 (Sun)

週末のニュース番組やワイドショーは村上ファンドの話題で持ちきりです。そんな中、昨日視たある経済番組の中でちょっとビックリする場面がありました。村上ファンドがケイマン諸島にも進出していたという話題の中で解説の投資会社の偉い人(以前は外資系証券におられたとのこと)が「ケイマン諸島はタックス・ヘブン、いわゆる税金天国ですから・・・」と発言されたのです。皆さんご承知のとおり、ケイマン諸島はタックス・ヘイヴン (tax haven=租税回避地) であって、決してタックス・ヘブン(tax heaven=税金天国)ではありませんから。これはネット上でもよく見かける間違いですが、専門家が間違ってはまずいでしょう。

せっかくですから私自身が株式投資を始めた時につまずいた投資用語をいくつかご紹介しましょう。

前場/後場
取引所における午前中の取引を前場、午後の取引を後場といいます。ちなみに読み方は「ぜんば」と「ごば」です。この読み方は教えてもらわなければ分かりませんよね。

ざら場
これは聞いても意味が分からなかった言葉です。証券取引所で継続して売買が成立している状態のことをいい、読み方は「ざらば」です。

建玉
株式の信用取引や商品の先物取引で売買が約定し、未決済のものを指します。読み方は「たてぎょく」です。私はずいぶん長い間「たてだま」と思い込んでいました。

追証
信用取引を行っている者としてできれば聞きたくない言葉ですが、株式の信用取引や商品の先物取引で損失が拡大して委託保証金や委託証拠金の担保力に不足が発生した際に求められる追加徴収金のことです。「おいしょう」と読みます。私はこれもずいぶん長い間「ついしょう」だと思い込んでいました。

専門用語の知識と資産運用の能力は直接関係ありませんが、できれば正しい言葉を正しく使いたいものですね。

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

kage

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

税金が気になったぞ
タックス・ヘイヴンには、本国からの取締りが困難だという点に目を付けた、暴力団やマフィアの資金や第三国からの資金が大量に流入してるといわれている(資金洗浄|マネーロンダリング)。また、専ら本国での税金徴収を逃れるために、タックス・ヘイヴンを利用している悪質

2007.08.20 (Mon) | 税金が気になったぞ