2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

インデックス投資ナイト雑感

kage

2013/10/10 (Thu)

前回のエントリーで触れたインデックス投資ナイトの「重大発表」が本日午前0時に発表されました。

プレスリリース: インデックス投資ナイト2014 1.11新宿大決戦

私は外野から無責任に好きなことを言える立場にありますので思ったことを正直に書きますと、「これが重大発表?」という印象でした。どうも私自身が重大発表という単語に過剰に反応していたようです。この内容であれば、「いつもとは一味違うインデックス投資ナイトの詳細を発表。刮目して待て!」でもよかったのではないかと思いました(そんなに違わない?)。とはいえ発表された内容は十分にインパクトがあるものでした。前回のエントリーで私は今年限定で「NISA徹底討論ナイト」に変身するとか?と予想しましたが、当たらずとも遠からずでしたね。

そして今回のメインイベントとなるのが第3部の「新時代のインデックスvsアクティブ最終決戦」です。これには私も大いに興味をそそられます。とはいえ再び外野から無責任に好きなことを言わせてもらえるならば、これではこれまでの「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」発表と同じではないかと感じました。すなわち「インデックス」の看板を掲げたイベントではアクティブ派は完全アウェイになってしまうということです。しかも司会はインデックス派のカン・チュンドさんですし。これでは藤野さんは甲子園球場に乗り込んで行くスワローズファンのような立場になってしまいます。

そこで私ならこうしたいという腹案をひとつご披露しましょう。メンバーは藤野さん(ひふみ投信)+渋澤さん(コモンズ投信)VS 山崎元さん+カン・チュンドさんとします(もちろんこれは一例です)。そして司会はインデックスファンドとアクティブファンドの両方を取り扱っているセゾン投信の中野社長にお願いします。さらにここから一捻りを加えます。それぞれの立場を逆転するのです。すなわち藤野さん+渋澤さんチームはインデックス派となり、山崎さん+カンさんチームがアクティブ派となるわけです。なお本来の立場とは異なる主張をするため、この議論は純粋な競技ディベートとします。事実を積み上げて自説の信頼性を高めたり、相手の主張の不備を突いたりして議論を優位に進めた方を勝ちとします。司会は発言時間を公平に割り振り、審査員は純粋にどちらが優勢に議論を進めたかを判定します。いつもとは逆の立場になれば、相手がどこを責められれば困るかがよく分かっているので結構面白い議論が繰り広げられるのではないでしょうか?そして判定が下った後は本来の立場に戻って議論を振り返ります。ここでは会場からの質問や意見を聞きながら進めると良いでしょう。いかがでしょう?ひとつのエンタテインメントとしても面白そうではありませんか?

最後にインデックス投資ナイトの今後についても外野から無責任に好きなことを言わせてもらえるならば、そろそろ「インデックス」の看板をどうするのか?の決断をする局面に来ているのではないでしょうか?今回発表された内容であれば、私は正直「インデックス」の看板は不要であると思います。上で指摘したように第3部の公平性に疑義を生じさせるという観点からはむしろ邪魔であるとさえ感じます。投資法にこだわらず個人投資家の輪を広げるのであれば「インデックス」の看板はそろそろ降ろす頃だと思いますし、逆に「インデックス」の看板を掲げ続けるのであればもっと思い切ってインデックス側に舵を切ってもよいのではないかと感じました。

以上、運営に関係ない外野が無責任に好き勝手を書いて申し訳ありませんでした。弱小なりとはいえども私も個人投資家の端くれですので、この意見が今後の運営に少しでも参考になれば幸いです。

(Sponsored Link)

関連記事

この記事へのコメント

kage

実行委員の一人です。

アクティブ派が完全アウェイになってしまわないように、またインデックス派、アクティブ派側の方も追加すべく実行委員一同検討、交渉活動中です。
まだ完全には決定しておらず申し訳ありませんが、詳細追加発表までしばらくお待ちくださいませ。

また、当イベントはマイナーなインデックス投資を広げることが主旨ですので今のところ看板は下ろさない姿勢をとっています。

Posted at 12:49:55 2013/10/14 by kenz

この記事へのコメント

kage

kenzさん

コメントありがとうございます。

「新時代のインデックスvsアクティブ最終決戦」はイベントとしては大変興味深いのですが、常々「誰が平均点を決めているのかを考えてみよう(アクティブ投資家なくしてインデックス投資家なし)」と主張している私としてはインデックスとアクティブは持ちつ持たれつの関係であるという認識がもっと広がって欲しいと願っています。

部外者がいろいろと好き勝手なことを書きましたが、私もインデックス投資ナイトの開催意義は非常に大きいと思っておりますので、影ながらご盛会を祈念しております。

Posted at 11:52:34 2013/10/15 by おやじダンサー

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック