2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

日本市場はもう一波乱あり?

kage

2006/06/02 (Fri)

今朝起きてまずニューヨークの株価をチェックすると、ダウ・ナスダックともに大幅続伸。これに吊られてシカゴ日経先物やブラジルも大幅上昇で一安心したのも束の間、日経新聞のサイトでこの記事を見ていきなり気分が暗転しました。

村上ファンド捜査、証取法違反の疑いで東京地検

ニッポン放送株の売買を巡り、村上世彰氏が率いる投資ファンド(村上ファンド)が不透明な取引を行っていた疑いがあることが1日、関係者の話で分かった。東京地検特捜部も同様の事実を把握しているとみられ、証券取引法違反の疑いもあるとして、一連の株取引について捜査を進めているもようだ。

同ファンドが筆頭株主である阪神電気鉄道のTOB(株式公開買い付け)を巡る阪急ホールディングスとの交渉にも影響を及ぼしそうだ。(日本経済新聞より)

ホリエモンが逮捕された際には匿名組合を悪用したと指摘されました。もちろん違法な行為があったのなら厳しく罪を問われて当然なのですが、合法的に運用されている他の匿名組合にも調査の手が入るのではないかと大口投資家の間に衝撃が走ったといいます。

少数の大口投資家から預かった資金を運用する村上ファンドも日本では目立っていますが欧米ではごく普通の運用手法です。もちろん今回の場合ももし村上氏に違法な行為があったのなら厳しく罰せられるべきなのですが、調査の手がさらに他のファンド、運用会社、投資顧問などに波及するとその影響は量り知れません。

今年に入って外資が日本市場から離れ始めているのはこれらの動きと無縁ではないと指摘する向きもあります。透明な投資環境を追求することは正しいことですが、もし市場が東京地検特捜部の一連の動きを「目立つヤツは徹底的に調べて必ずボロを掴んでやる」という意図と判断したなら(もちろんそんな意図はあるはずもないと信じたいですが)、日本の株式市場には大きなネガティブインパクトとなるでしょう。市場がこのニュースをどう判断するのか、本日の株式市場に注目したいと思います。

・ネット証券選びのご参考に オンライントレード比較!byリクルート

・人気blogランキングに参加しています 人気blogランキングへ

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック